menu
閉じる
  1. 効率的に読書をしたいなら…仕分けが必要です!
  2. 変化しつづける社会で生き残るために…
  3. 気軽に持ち運べるホワイトボード
  4. 読書会の先にあるコミュニティをイメージする
  5. 「読書会」って何をしているんですか?
  6. 読書会は、人間力を向上させる!?
  7. 多様な価値観があるからこそ、読書が面白くなる
  8. それ、どう好きなの?
  9. 手にした本、著者はどんな人かな…と思ったら、隣にいた!
  10. リードフォーアクションの読書会がもたらす4つの成長ステージ
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

読書会を開催したい

あなたも読書会を開催してみませんか?

誰もが知っている読書
×
学習のプロセスをサポートする
ファシリテーション

この組み合わせが、
あなたとあなたを取り巻く環境を劇的に変化させます!

lgf01a201407161100

読書会という場をきっかけに…

===

従業員が率先して新プロジェクトに関わり発言するようになり、
提案型のチームに変容した。
===
毎週、読書会を導入していたら、チーム力が向上、
コミュニケーションが良くなるだけでなく、業務の生産性が向上した。
===
小学校4年生の息子と一緒に読書会に参加。
大人と対等に発言する子どもの姿を見ることができ、
子どもの可能性を知ることができた。
===
読書会で出会った仲間と、
街の問題を解決する新しい組織を立ち上げることができ、
地域貢献の活動がスタートした。
===
子どものころからあこがれていた
ラジオパーソナリティという職業を50歳にして手に入れる。
===
エンジニアとして働く30代の女性。
読書会の中で、子どの頃からの夢が漫画家であったことを思い出し、
子育てを綴る短編漫画をスタートし、夢を叶える。
===
翻訳された書籍で読書会を開催したら、海外の著者との交流が始まり、
海外のメソッドを日本に取り入れる活動をするようになった。
===
転職活動がうまくいかず半年以上無職だった時期に、読書会へ参加。
読書会で設定した小さな行動をしたら、数週間後には転職がきまった。
===

などなど、会社の中でも街でも、家庭でも、個人でも、
さまざまな分野で、変化した事例があげられています。

活躍するファシリテーターたち
の記事も合わせてご覧ください。

読んでつながるちからに変えるをスローガンに活動、
本をきっかけに、
あなたとあなたの読書会に参加してくれた人の
自己実現が次々に起こっていくのです。

読書会を開催方法は、2つあります。

1.あなたが読書会のファシリテーターになる
⇒ リーディングファシリテーター養成講座

2.読書会ファシリテーターをあなたの街や組織に呼ぶ
⇒ 読書会をベースにした研修を承っております

dsc020342

▼人気記事

▼おすすめ記事

  1. リードフォーアクションの読書会ではさまざまな出会いがあります。人と人、人と本…リーデ…
  2.  ゲームのルールを知ることが大事だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけ…
  3. 読書会を開催するリーディングファシリテーター。読書会の準備をする際に、大切な準備体操があ…

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る