menu
閉じる
  1. 読書会ってビジネスにしか役立たないのですか?
  2. しっかりとした自己認識がカギです
  3. 知識創造を引き出したければ、おしゃべりをしましょう
  4. 誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです
  5. 多様な価値観があるからこそ、読書が面白くなる
  6. ダース・ベイダーから生き方を学ぶ
  7. ちっちゃな参加者から学んだこと
  8. シンクロニシティの先にセレンディピティがあって…そして…
  9. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づいたこ…
  10. 読書会って本以外にも読むものがいっぱいあるのです
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

カテゴリー:読書会で自己実現

リーディングファシリテーターになってくださった方の旦那様にお会いしてきました。えっなぜ旦那様?………私は講座を受講してくださった方へ読書会を実施するためのサポートになる特典をつけている…

昨日、▶外にでるから違いがわかるという記事を紹介しました。私が、読書会というフィールドに出て見つけた、他者との違い、才能がありました。会社員だったころ私は、ソニー株式会社という世間的には大きな企業に勤務してい…

2011年からRead For Actionに所属し読書会を開催していますが、その中で、ビジネスモデルYOUという書籍を題材にした読書会をたぶん20回くらい開催してたときのこと…。自分らしい働き方をみつけ…

木村祥子です。私が、新しい働き方を歩むバイブルとなった1冊====ワーク・シフト孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉リンダ・グラットン(著)====第4部 働き方を<シフト…

木村祥子です。私が、新しい働き方を歩むバイブルとなった1冊====ワーク・シフト孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉リンダ・グラットン(著)====第4部 働き方を<シフト…

木村祥子です。私が、新しい働き方を歩むバイブルとなった1冊====ワーク・シフト孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉リンダ・グラットン(著)2025年、私たちが働く未来を想像した…

木村祥子です。私が、新しい働き方を歩むバイブルとなった1冊。ワーク・シフト孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉リンダ・グラットン(著)2025年、私たちが働く未来を…

彼のニックネイムは、マカロン王子マカロン!?王子!?はい、マカロンが大好きな20代男子、星野公昭さんです。しかも、食べるだけじゃなく、作ることが好きなのです。彼が読書会ファシリテーターにな…

2015年の春からインターネットラジオゆめのたね放送局で『ホンスキー倶楽部』という番組のパーソナリティーを務める大城緑さん。ラジオパーソナリティとして活躍するきっかけは読書会だったそうなんです。そんなお話しを…

会社員をする傍ら、行政書士の資格を取得し、開業にまで至ったMさん(女性)。当面、会社員と行政書士の2足のわらじ生活をすることにしました。リーディングファシリテーターになったのも起業の準備の…

行動する読書会に参加して、行動したら○○できたシリーーーーーース!!!行動する読書会に参加して、行動をしたら結婚相手に出会えた行動する読書会に参加して、行動したら彼女ができた!今日、紹介するのは、…

壮大なテーマを持って読書会にいらっしゃる方もいます。日本を元気にしたいシステムエンジニア小平裕子さんリーディングファシリテーターになったきっかけは、『持続可能な社会を実現していくための…

さらに記事を表示する

▼人気記事

▼新着記事

  1. 大きな成功は、小さな一歩の積み重ね
  2. がんばらなくても、相手は何かしら受け取っている
  3. 誰よりも大変なのは…
  4. さて、引き続きつくりましょう!
  5. 【博多にて開催】リーディングファシリテーター養成講座

▼アーカイブ

ページ上部へ戻る