menu
閉じる
  1. 著者を意識して本を読んでいたら、本当に著者に会えた!
  2. あと一歩踏み出す勇気があったら…
  3. 「読書会」って何をしているんですか?
  4. ハイヒールはいつ卒業する?
  5. 『否定を肯定へと変換させる再解釈力』をふりかえってみよう
  6. 年収3000万円以上の人と年収300万の人の読書量は38倍も違う!
  7. 読んだ気がしない読書vs気づきや発見多い読書…どちらを選びますか?
  8. 全社員150人で読書会をする価値とは
  9. 自然に行動ができるようになる計画にするための決めゼリフは…
  10. ルールは守るのではなく、知ることから。
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

カテゴリー:学校での事例

今回紹介するリーディングファシリテーターは中川雄貴さん。関西の高校に勤務する20代の先生です。リーディングファシリテーター養成講座を受講したきっかけは、『通常の授業にアクティブラーニング型授業…

福島の中学校で教職についているリーディングファシリテーターが読書会を道徳の授業に取り入れてくださいました。体育の授業の後に読書会を設定してしまったそうで、…

先日、本棚を整理してそれらの本を欲しい!と言ってくださる方へプレゼントさせていただいています。石巻専修大学の学生さんにも送らせていただいたのですが(こちら)さっそく読書会をしてくれたそうです。山崎泰央先生のゼ…

2015年11月8日(日)門司生涯学習センターにて行動する読書会in門司が開催されました。誘致してくださったのは、北九州に在住のリーディングファシリテーター隠崎龍治さん。隠崎龍治地域の方々と共に、想い語り、考…

携帯電話が一般に普及し始めたのは、1995年頃。その頃は、持っている人が一部だったと思います。それが、たった20年の間に、持っているのが当たり前、小型パソコンとも言えるスマートフォンが誕生し、電車では、読書をしている…

2015年から就職活動の解禁の時期が後ろ倒しとなりました。それまでは就職活動の解禁日は3年生の12月でしたが、これが3か月遅い3月からとなったのです。変化に対する漠然とした不安。解禁前にできる準備といえば、…

近畿大学産業理工学部に通う大塚友貴くん。大塚君は、大学の中で仲間をあつめ読書会コミュニティを立ち上げました。▼近大読書会facebook Pageはこちらからコミュニティ立ち上げまでに大塚君はいろいろ挫折があ…

▼人気記事

▼新着記事

  1. 面白いことに…
  2. あけましておめでとうございます
  3. 意図的にカオスを創り出す天才
  4. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  5. 大切な誰かに届かなければ…

▼アーカイブ



ページ上部へ戻る