menu
閉じる
  1. シワを隠すくらいなら、いいシワをつくろう!
  2. [プレゼント]朝活読書会マインドマップ&ワークシートを手に入れませんか…
  3. お父さん、お母さん…その背中、見られています…
  4. フォトリーディングを未体験なのですが、読書会に参加できますか?
  5. 成功へ導く、小さな習慣をノートにしました
  6. なぜ、読書会で問題解決ができるのか…それはきっと、メタファーの力。
  7. 手を振らないと決めた理由
  8. 読書会では、時間に恋する読書をします
  9. 一番学びがあるのはファシリテーターです
  10. 誰よりも大変なのは…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

古典と相性のの良い読書法とは…?

あなたは古典を読みますか?

古典といえば、ソクラテスとかプラトンとか
なんか難しい本ですよね…私もそうでした。

でも、古典読んでますっていうと
なんかカッコよさそうですよね。
教養あるなっていうか…。

Read For Actionの事務局長が古典好きってことで
思い切って開催してみました。

古典読書会!!!

その名も

『Read For Action が
 世界的規模の読書会コミュニティとなるために
 アジア諸国とのパートナーシップの在り方を
 古典から学ぶ読書会』

タイトルもカッコいいでしょっ(笑)

 

読書会では、さまざまな気づき発見がありましたが、
一番の大きな発見は、

古典は、ワードジャングルと相性がいいってこと。

ワードジャングルとは
Read For Actionの読書法の1つです。

共通のテーマで集まった参加者
本に対する質問の答えを
付箋紙にキーワードで書き出し
その答えを場に出していきます。
関連するキーワードが場に出されるため
対話が促進します。
本を読むよりおしゃべりの時間が重視され
枠を超えたアイディアが出やすくなるもの。

本をきっかけに、
さまざまな解釈をしていく方法なのです。

そして、古典も読み手によって
さまざまな解釈ができる、抽象度の高い古典もの。

そう!抽象度の高い者同士、相性がピッタリだったのです。

古典を読みたいな…と思ったら
Read For Actionへ!!!!

 

 

Comments

comments

関連記事

  1. あなたが伝えるという意味を考える

  2. 発見力を身に着けたければ、まずは自分自身の○○を変えてみる

  3. 子供のころの好きを思い出してみる!

  4. 固定観念は破るものではなく、超える!だってそれは…

  5. 『楽しい』と『面白い』の違い

  6. 魔法のようなテクニックで場をつくっていく

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2017/11/12

    学びの恩返し
    2017年8月にリーディングファシリテーターとなった20代の女性のお話しを紹介。&n…
  2. 会社員をする傍ら、行政書士の資格を取得し、開業にまで至ったMさん(女性)。当面、会社…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 面白いことに…
  4. あけましておめでとうございます
  5. 新しい働き方に必要な3つの資本とは

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る