menu
閉じる
  1. 9つのブロックを描く前に、 4つの視点であなたを棚卸しする
  2. やばっ!これは何にでも使える!
  3. これがあれば大丈夫!究極の1冊をプレゼントします!
  4. Read For Actionの読書は、実はとってもロジカルなんです
  5. これからの未来に必要な 創造性の扉を開く鍵の一部を紹介します
  6. 読書会はビジネス書が多いですが、小説ではできないのですか?
  7. 読書会は、人間力を向上させる!?
  8. 誰よりも大変なのは…
  9. 変化する時代の中で、読書会がもたらす効果とは…
  10. 手にした本、著者はどんな人かな…と思ったら、隣にいた!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

古典と相性のの良い読書法とは…?

あなたは古典を読みますか?

古典といえば、ソクラテスとかプラトンとか
なんか難しい本ですよね…私もそうでした。

でも、古典読んでますっていうと
なんかカッコよさそうですよね。
教養あるなっていうか…。

Read For Actionの事務局長が古典好きってことで
思い切って開催してみました。

古典読書会!!!

その名も

『Read For Action が
 世界的規模の読書会コミュニティとなるために
 アジア諸国とのパートナーシップの在り方を
 古典から学ぶ読書会』

タイトルもカッコいいでしょっ(笑)

 

読書会では、さまざまな気づき発見がありましたが、
一番の大きな発見は、

古典は、ワードジャングルと相性がいいってこと。

ワードジャングルとは
Read For Actionの読書法の1つです。

共通のテーマで集まった参加者
本に対する質問の答えを
付箋紙にキーワードで書き出し
その答えを場に出していきます。
関連するキーワードが場に出されるため
対話が促進します。
本を読むよりおしゃべりの時間が重視され
枠を超えたアイディアが出やすくなるもの。

本をきっかけに、
さまざまな解釈をしていく方法なのです。

そして、古典も読み手によって
さまざまな解釈ができる、抽象度の高い古典もの。

そう!抽象度の高い者同士、相性がピッタリだったのです。

古典を読みたいな…と思ったら
Read For Actionへ!!!!

 

 

Comments

comments

関連記事

  1. 『早』は『遅』を兼ねる

  2. 英語力アップの鍵は、私が先というスタンスを持つこと

  3. 新しい働き方を実現したければ、アホを極めてみる

  4. ちっちゃな参加者から学んだこと

  5. 子供のころの好きを思い出してみる!

  6. 逃亡者あらわる!…そう、逃げたっていいのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2011年の震災後、読書会ファシリテーターの末吉大希さん他5人の仲間との間でPhot…
  2. 2分の1成人式…10歳になる子供たちが、成人式の半分ということで、学校や地域でお祝いの行事を…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る