menu
閉じる
  1. 仕事と人生の達人たちの仲間入りをしませんか?
  2. 状態が能力を決定する
  3. 読書会のファシリテーターって主役だと思う?
  4. 変化しつづける社会で生き残るために…
  5. 一瞬であなたを専門家にしてしまう シントピックリーディング
  6. 毎日新聞に紹介していただきました!
  7. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  8. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  9. アンチョコを見たっていいのです
  10. 朝活読書会マインドマップ更新しました!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

校長先生から教えてもらった場づくりのこと

以前、親子参加で
未来にあったらいいなを創造する
読書会を開催しました。

 

開催の様子はこちら。

ドラえもんをはじめ
アニメの世界などの
ヒーローのイメージの力を借りて
未来にあったらいいな
というものを想像し、
それを実現するための
ビジネスモデルを家族みんなで
創造するワークを実施しました。

 

未就学の子から小学校6年生まで、
多くのお子さまにも参加いただきました。

主催にヘルプをしてくれる人が
いっぱいいたので、
楽しい場を運営できたのですが…

この場に興味を持ち
参加いただいた、
ある学校の校長先生から
こんなことを教えてもらいました。

 

今回のような
未就学~小学校6年生までという
年齢が違う子が集まる場を
運営するのは大変なんだそうです。

学校で1クラス
20人から40人くらいいても
1年生、2年生、3年生…と
同じ年齢の子たちが集まるから
授業がやりやすいのだと…

その年齢の経験値や学力に合わせて
表現や内容を構成していくんでしょうね。
きっと。

 

この校長先生の言葉から
あぁ~やっぱり
ターゲットを明確にするって
大事だなって思ったのです。

ターゲットでお客様を集める
いわゆる集客に
使うような印象がありますが
集まってくれたお客様が
リアルに集まってくれる読書会が
本番なワケです。

学校みたいに同じ年代の人が集まってもいいし
同じ想いを持っていたり
同じ悩みを持っている人が
集まり、
何かを感じ取って帰ってもらうためには
どんな人に来てもらいたいか…
その人たちとどんな場を創りたいのか…
しっかりと設計することが
素敵な場をつくるポイントなのかもね。

 

 

Comments

comments

関連記事

  1. 読書会の効果を10倍にするための、静かな時間と小さなテスト

  2. 変化する時代の中で、読書会がもたらす効果とは…

  3. 読書法だけを知っていても読書会は開催できません!

  4. まとめる前に…書いて、しゃべってみて!

  5. あなたがあなたに共感する

  6. 言葉の不一致。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2分の1成人式…10歳になる子供たちが、成人式の半分ということで、学校や地域でお祝いの行事を…
  2. 彼のニックネイムは、マカロン王子マカロン!?王子!?はい、マカロンが大好きな…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る