menu
閉じる
  1. 読書会のファシリテーターって主役だと思う?
  2. 読書会に付箋紙は欠かせませんっ!
  3. 家に帰ってから最初に座る場所で、人生が変わる。
  4. お父さん、お母さん…その背中、見られています…
  5. 読書はアクティブなコミュニケーションツール
  6. 読書会を開催して、あなたの働き方をシフトする!
  7. QK大学って何?という質問に学長が答えます!
  8. 『思い込み』という壁を外していく
  9. フォトリーディング-[STEP5]活性化
  10. 全社員150人で読書会をする価値とは
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

意図的にカオスを創り出す天才

Read For Actionには
3種類の読書法があります。
Read For Actionには3種類の読み方があります

その中の1つ
ワードジャングルと
ワードジャングルの開発者
を紹介しましょう。

ワードジャングルとは…

共通のテーマで集まった参加者が、
本に対する質問の答えを
付箋紙にキーワードで書き出し
その答えを場に出していくもの。


関連するキーワードが場に出されるため
対話が促進します。
本を読むよりおしゃべりの時間が重視され
枠を超えたアイディアが出やすくなるのです。

付箋紙を場に出し、
対話をする際、
一度、場が混沌としていきます。

カオス…ってやつです。

混沌とするからこそ
枠を超えたアイディア
が出ると思うのです。

そんな混沌を創り出す
読書法を生み出しちゃうなんてっ!!!!

すごい天才だと思うのです。

その天才とは…

ワードジャングルの開発者のひとり
末吉大希さん

英語も堪能で
洋書の読書会も得意としています。

末吉さんが紹介する
洋書の読み方の記事も合わせてどうぞ♪

【英語を読むコツvol.01】まず始めることとは?
【英語を読むコツvol.02】洋書で一番最初に見るところとは?
【英語を読むコツvol.03】質問を作りましょう!
【英語を読むコツvol.04】読む場所を決める
【英語を読むコツvol.05】まずは一番最初を!
【英語を読むコツvol.06】終わりよければ、全てよし!?
【英語を読むコツvol.07】文章を軽快に進んでいく!
【英語を読むコツvol.08】行動すること

 

 

あなたもカオスを創り出す
読書会のファシリテーターになりませんか?

 

Comments

comments

関連記事

  1. 2分の1成人式があるならば、40歳で第2の成人式もっ!

  2. 知っているようで、実はあまり知らなかったまちのこと…

  3. 未来のコミュニティ創りの一歩に読書会

  4. 【英語を読むコツvol.03】質問を作りましょう!

  5. 読んだ気がしない読書vs気づきや発見多い読書…どちらを選びますか…

  6. パパは、名ファシリテーター(2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 読書会ファシリテーターは単に読書会を開催するのではなくあなたの所属する環境やこれから創造…
  2. 韓国人の徐さんが読書会のファシリテーターの講座に参加してくださったのが、2016年の夏。…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る