menu
閉じる
  1. 顧客に恋する共感マップ
  2. ものの値段、そしてあなたの値段を知ること
  3. 新しい働き方を実現したければ、アホを極めてみる
  4. 【まとめ】フォトリーディングのステップ!
  5. 多重知性を活用して学習効果を高める
  6. 年収3000万円以上の人と年収300万の人の読書量は38倍も違う!
  7. 【まとめ記事】ビジネスモデルキャンバス描き方のコツ
  8. 成約率14%の読書会
  9. 読書会のファシリテーターになるとジワジワと働き方が変化してしまう
  10. 仕事の世界で必要な3種類の資本
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

2つの想い出に出会えます

読書会では、2つの想い出に出会えます。

[想い出1]昔、読んだ本に出会える

読書会では、参加した人が
さまざまな本を持参してきてくれるのですが、
昔、読んだことがある本との
出会いがあります。

あぁ~あの日、あの時、読んだ本!

なんて感じで
あの頃の私は、〇〇だった…と
本を読んだころの
自分の想い出が想起されてきます。

そんな想い出と一緒に
本をペラペラめくると
新しい出会いがあったり
成長した自分を発見できる…カモ。

[想い出2]過去の知識や体験に出会える

リードフォーアクションの読書会は
本を読む目的や
読書会のテーマに合わせた
読書会のゴールを設定し
本を読み、
参加した仲間と対話をします。

つまり、
本を読んだ先の未来を設定し
本を手にするワケ。
本の内容は、
その未来を手に入れるための参考書。
そして、
本からの情報をベースに
おしゃべりをしていると
ふっと、本からの情報を以外のことを
おしゃべりしている自分に気づきます。

「そういえば、昔、〇〇をしたときに…」
「前に仕事でも、やったんだけど…」
「昔、父親から教えてもらった…」

そう、私たちは、
生きてきた分、知識と体験が
私たちの中につまっています。

本を読んだ先の未来を描くことで
自分自身の知識や体験も
参考書になるのです。

そんな自分自身の
知識や体験にも出会えるのです。

 

そんな想い出に出会う読書会、
いかがですか?

 

さらに、そんな想い出に出会える
演出者になってみませんか?

Comments

comments

関連記事

  1. 9つのブロックを描く前に、 4つの視点であなたを棚卸しする

  2. フューチャーセッションとコラボして、改めて読書会の魅力を感じた!…

  3. リードフォーアクション読書会の魅力を一言で表現するならば

  4. 読書をする前に、まず〇〇をする

  5. ものの値段、そしてあなたの値段を知ること

  6. どっちの『もったいない』を選びますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. お勤めの傍ら、東京界隈で定期的に読書会を開催している小島健さん。彼が…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼おすすめ記事

▼新着記事

  1. 大きな成功は、小さな一歩の積み重ね
  2. がんばらなくても、相手は何かしら受け取っている
  3. 誰よりも大変なのは…
  4. さて、引き続きつくりましょう!
  5. 【博多にて開催】リーディングファシリテーター養成講座

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る