menu
閉じる
  1. 一瞬であなたを専門家にしてしまう シントピックリーディング
  2. 読書をする前に、まず〇〇をする
  3. 小さな力が大きなパワーとなる共振現象
  4. 希望のストーリーを描く力、あなたにはありますか?
  5. 読書会から即アクションに結び付ける簡単な方法
  6. 電子書籍でも読書会できますか?
  7. 子どもだから、子ども扱いしません
  8. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  9. たった1%のリーダーになるためにやるべきことは…
  10. 読書会で夢をかなえる必殺技を教えます
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

『本を読まない読書会』って本当ですか?

リードフォーアクションでは
多くのファシリテーターたちが
個性豊かな読書会を開催していますが…

そんな中の謳い文句の1つに

『本を読まない読書会』

という表現があります。

えっ!そんな読書会成立するの?

読書=本を読むこと
です。
本を読まない読書会なんて
ありえないですよね。

正確には、
本を読む時間が少ない…

さらに正確には、
私たちが子供の頃から
教わってきた本の読み方と
少し違うだけで、
しっかり読んでいる…
と私は思っています。

本を読むということは…?

そもそも、
「本を読んだ!」とは
どういうことでしょうか?

・1ページ目から最後まで読むこと?
・本の内容をしっかりと理解すること?
・しっかりと時間をかけて読むこと?

…どんな状態が
本を読んだと
あなたに満足感を
与えるのでしょうね?

読んだ満足感が欲しい意識と
実はその裏でしっかりと理解している無意識

なんとなく思うのは、
読んだー!とか
理解できたー!とか
本を読んだ感覚を味わいたいのは
私たちの脳の意識の部分が
求めていること…

そして、
その本を読んだ満足感とは別に
読み方次第で、
無意識がちゃんと
本を読み、
本を理解しているのではないか…
と思うのです。

けれども、
無意識が理解しても
意識では感じ取れないので
読んだ気がしないワケ。

リードフォーアクションは
そんな無意識を
活用した読書をするので
意識的が求める
本を読んだという満足感
少ないかもしれません。
そして、
その満足感とは裏腹に
無意識はちゃんと読んでいるのです。…きっと。

そんな読書会
本当に本を読んでいないのか…
あなた自身が体験して
判断してみてください。
読書会に参加したい

個性豊かな
ファシリテーターたちの読書会は
リードフォーアクションサイトから。

 

無意識を活用した読書を
しっかり身に着けたい方は

 

あなたも読書会を開催してみませんか?

Comments

comments

関連記事

  1. えっそんな短時間で変化できるの?変化を促す読書会のヒ・ミ・ツ

  2. 月刊ブックカフェ『想いを具現化させるための質問力』ふりかえり

  3. 本を感じる

  4. 「ストレスフリーな働き方」を実現するためには…

  5. たった1時間で問題解決をしなければいけないときにやるべきこととは…

  6. 物語というメタファーの力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 何かしら知識を仕入れると実行せずにいられない性分の野口容子さん知人の紹介でR…
  2. 関係者やメディアの取材なども含め総勢70名規模の大イベントを開催したときのこと……

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 面白いことに…
  2. あけましておめでとうございます
  3. 意図的にカオスを創り出す天才
  4. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  5. 大切な誰かに届かなければ…

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る