menu
閉じる
  1. 読書会では、時間に恋する読書をします
  2. 全社員150人で読書会をする価値とは
  3. 外にでるから違いがわかる
  4. ルールは守るのではなく、知ることから。
  5. 小さく起業体験ができる読書会ファシリテーター
  6. ハイヒールはいつ卒業する?
  7. インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本
  8. 新しい働き方を実現したければ、アホを極めてみる
  9. 自然に行動ができるようになる計画にするための決めゼリフは…
  10. 読書の目的には大きく2種類ある…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

読書会が素敵な記念日になるためにファシリテーターがやるべきこと

読書会のファシリテーターも
慣れてくると
ついつい事前準備に
手を抜いてくることがあります。

…そう…私…

『いつもやっているから大丈夫』

しかし、この
いつもやっているから大丈夫
が曲者なのです。

 

私はいつもやっていますが、
読書会にいらっしゃる方は、
いつも参加していませんし、
もしかしたら、
初めての読書会で
戸惑っているかもしれません。

2017年3月12日
『なぜ人と組織は変われないのか』読書会
に、結婚式場で働いている方が
参加してくださいました。

新しい働き方をする一歩に
読書会参加を決めてくださったようです。
そんな彼女とお話ししているときに
気づきました。

結婚式とは一生に一度の大舞台です。
新郎新婦や親戚の方々に失礼がないよう
何度も打ち合わせをし
当日の段取りをしていきます。

スタッフたちは、
当日の進行がしっかりと
頭に入っていることでしょう。

じゃぁ、読書会の進行、頭に入っている???

そう、読書会の参加者も
初めての読書会参加だとしたら、
読書会初参加の記念日だし、
何か一歩を踏み出すための
読書会だとしても
その人にとって
大切な時間とお金をかけて
いらしてくれたものです。

結婚式のように
お客様のご要望を聞いて…なんて
段取りはできませんが、
しっかりと流れを確認して
おくことはとても大切なことだよな…
と改めて感じさせていただきました。

読書会に参加してくださる方の
すてきな記念日になるようにね…

 

読書会開催前、
読書会の全体像の
マインドマップを描くと
全体の流れが頭に入るだけなく
あっこんなことしたら
もっと楽しくなるかも。
なんてアイディアも出てきます。

また、参加者の目的によって
変更なども取り入れやすくなります。

 

▼読書会のファシリテーターに興味がある方へ
そんなマインドマップを描いたり
読書会の準備や振り返りに使える
読書会ノートをつくりました。

リーディングファシリテーター養成講座を
受講してくださる方にプレゼントいたします。

 

読書会の流れを描いたマインドマップを
プレゼントしています。
興味にある方はこちらをご覧ください。

Comments

comments

関連記事

  1. 本を感じる

  2. 言葉の不一致。

  3. なぜ、読書会で問題解決ができるのか…それはきっと、メタファーの力…

  4. 読書会の成功のカギは、企画書です

  5. 多くのリーディングファシリテーターがハマったグッツとは…

  6. 2045年問題と読書会と…。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2015年11月8日(日)門司生涯学習センターにて行動する読書会in門司が開催されました…
  2. 近畿大学産業理工学部に通う大塚友貴くん。大塚君は、大学の中で仲間をあつめ読書会コミュニテ…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 面白いことに…
  2. あけましておめでとうございます
  3. 意図的にカオスを創り出す天才
  4. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  5. 大切な誰かに届かなければ…

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る