menu
閉じる
  1. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう
  2. 知識創造を引き出したければ、おしゃべりをしましょう
  3. 自分にとって小さな発信でも、未来に大きな出会いが待っている
  4. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づいたこ…
  5. 現実に変えていくチカラって何だろう?
  6. Read For Actionには3種類の読み方があります
  7. 偶 然参加した読書会で、ボク、出会っちゃいました
  8. 誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです
  9. 読書会のファシリテーターになるためにはどうしたらいいのですか?
  10. サステナブルなコミュニティ創りのヒント
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

『否定を肯定へと変換させる再解釈力』をふりかえってみよう

2016年11月より
毎月月刊ブックカフェという
読書会を開催しているのですが、
実は、QK大学の公開授業なのです。

今、考えられている「仕事」が
AI やロボットによって代替され、
時代の変換点にきたときに、
私たち「人」が行うべきことは何なのだろう?

それは、創造することではないだろうか?

と問いをたて
人がこれからを生き抜くため
未来に必要な創造性の扉を開く
鍵を見つけ出していく
8つの秘密を設定して
1つずつ紐解いています。

現在、前半に行った
『質問力』『発見力』『再解釈力』
を学長と一緒にふりかえっています。

▶QK大学って何?という質問に学長が答えます!

『本質を浮かび上がらせるための発見力』をふりかえってみよう

に続き、1月号のテーマ
『否定を肯定へと変換させる再解釈力』
学長からのふりかえりメッセージです。

質問をし、
そこから新しい発見をし、
得た気づきや発見から
どんな再解釈をしましたか?

▶1月号『否定を肯定へと変換させる再解釈力』開催レポートのブログ記事を読む!

 

今後の月刊ブックカフェの開催予定や
QK大学の活動については
QK大学のメールマガジンにてお知らせいたします。
↓ ↓ ↓
lgi01a201409130800

 

bookcafe

 

Comments

comments

関連記事

  1. 手にした本、著者はどんな人かな…と思ったら、隣にいた!

  2. 何をもって覚えられたいですか?

  3. 変化しつづける社会で生き残るために…

  4. 4時間で7冊も本を読んでしまいました!

  5. ドラッカーで美をマネジメントする読書会

  6. スプーンだって曲げられるヨ(笑)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. インドネシアで活動する鈴木亮さん。ベネッセの支援をうけて、インドネシアの6カ所の教育コミ…
  2. 一部上場の製造業にてエンジニアのお仕事をする傍ら名古屋で読書会を開催してきた齋藤恭子さんの紹…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る