menu
閉じる
  1. 読書会がいっぱいありすぎて選べませんっ!
  2. 読書会では、時間に恋する読書をします
  3. 腕組みをして人の話を聞くことは悪いことなのか…?
  4. 肯定的な未来を創造する効果とは
  5. 読書会の効果を10倍にするための、静かな時間と小さなテスト
  6. 読書会から即アクションに結び付ける簡単な方法
  7. [プレゼント]朝活読書会マインドマップ&ワークシートを手に入れませんか…
  8. ターゲットをしぼれないよ…と悩んだら
  9. 【英語を読むコツvol.01】まず始めることとは?
  10. リードフォーアクション読書会の魅力を一言で表現するならば
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

世界は情報で溢れている…だから選択する力を養う

リーディングファシリテーション養成講座
を開催を開催したときに感じたこと。

リードフォーアクション読書会
の特徴、読書会の手法、
そして、
ファシリテーションについて
しっかりとお伝えする時間を持ちました。

この写真は、
ワードジャングルという
読書会の手法を体験しているときの写真です。

この付箋紙の山を
見たときにに感じたことがありました。

 

この付箋紙は、
ここにいる参加者のみなさんが
本から対話から感じたキーワードを
付箋紙に書き出したものです。

今の世の中って、
情報に溢れていて、
googleを検索するだけで、
たくさんの情報を収集することができるし、
書籍の売れ行きが悪いといいながら、
書店に行けば、
山ほど本があります。

ある意味、宝の山です。

まさにこの付箋紙の山と同じ。

けれども、限られた時間の中で、
この宝物を全て
手に入れることってできるのかしら?

それよりも、この宝物から
今、この瞬間、
自分にとって必要な情報を
収集できる力があれば
いいんじゃないかなって。

生きていくことや働くことって
そんな迷いや選択の連続なのかもね…。

そのお宝を全部拾いますか?
それとも必要なものだけ選択しますか?

リーデイングファシリテーター養成講座では、
読書会の手法だけでなく、
あなたにとって、
働くことや生きていくことを
考える時間なのかもしれないなって思うのです。

Comments

comments

関連記事

  1. 直感は使えば使うほど磨かれる!

  2. リーディングファシリテーターはマヌケなんです

  3. 意図的にカオスを創り出す天才と…

  4. 多様な価値観を読書体験がつなぐ

  5. マイノリティとマジョリティの間で悩む

  6. 読書会が素敵な記念日になるためにファシリテーターがやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2010年頃、男性が家事や育児に積極的に取り組むということでイクメンという言葉は流行りました…
  2. 今日は、兵庫県のリーディングファシリテーター新田茂幸(しんたしげゆき)さんを紹介します。…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る