menu
閉じる
  1. 小さな力が大きなパワーとなる共振現象
  2. 自然に行動ができるようになる計画にするための決めゼリフは…
  3. 読書会開催の成功のカギは『質問力』
  4. (続)私、あなたみたいなタイプ苦手です
  5. 読書会で得られるものってなんですか?
  6. 『思い込み』という壁を外していく
  7. 読書会に参加して『選本眼』を身につけよう!
  8. まとめる前に…書いて、しゃべってみて!
  9. 【英語を読むコツvol.08】行動すること
  10. メンターの存在が必要です!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本

インドネシアで活動する鈴木亮さん。

ベネッセの支援をうけて、
インドネシアの6カ所の教育コミニティで、
学校の先生の授業づくりの
お手伝いをしています。

先日もインドネシアでの
活動を紹介させていただきましたが…

インドネシアでもリードフォーアクションの読書会が開催されました♪

今回は、200人の
学校の先生のたまごたちと
読書会を開催しました!



参加者は、
小学校で教育実習中の大学生。

鈴木さんの活動を
1冊の本にしたこちらの本を
みなで読んだそうです。

14914864_1292351444117568_1234170269_n

この本は、
現地での鈴木さんたちの活動
インドネシアの先生たちの挑戦と
変化した子供たちの様子。
さらには、
コミュニティという場の役割が
紹介されています。

読みたい!
日本でも翻訳して発売されないのかしら…。

200人という大人数で
読書会ファシリテーターは
鈴木さん一人だったそうですが、
本をきっかけに
参加者同士の対話で
どんどん場ができていったそうです。

ファシリテーターの腕と
良書の力ですかね♪

( *´艸`)

 

本に関しては、
学生さんたちに貸出したそうですが、
一部の学生は
お小遣いを出し購入してくれたそうです。

さらには、この本
教育大臣にも届ける予定だそうです。

鈴木さんの活躍も
インドネシアの未来も
見逃せませんね。

 

Comments

comments

関連記事

  1. 2分の1成人式があるならば、40歳で第2の成人式もっ!

  2. これからの人生の…『オールフリーパス』が手に入ったら…

  3. シナリオ・プランニング活用術を読み解き郡山の未来を創造する

  4. ちっちゃな参加者から学んだこと

  5. しっかりとした自己認識がカギです

  6. 私が私を大好きな人生を生きる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 関係者やメディアの取材なども含め総勢70名規模の大イベントを開催したときのこと……
  2. 2015年の春からインターネットラジオゆめのたね放送局で『ホンスキー倶楽部』という番組の…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る