menu
閉じる
  1. 最上級のファシリテーターになるためには
  2. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  3. 状態が能力を決定する
  4. 子供のころの好きを思い出してみる!
  5. お父さん、お母さん…その背中、見られています…
  6. 『次の段階へ進むための内省力』について考えてみよう♪
  7. これがあれば大丈夫!究極の1冊をプレゼントします!
  8. 読書をする前に、まず〇〇をする
  9. 良いスタートは一生の宝となる
  10. 手を振らないと決めた理由
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本

インドネシアで活動する鈴木亮さん。

ベネッセの支援をうけて、
インドネシアの6カ所の教育コミニティで、
学校の先生の授業づくりの
お手伝いをしています。

先日もインドネシアでの
活動を紹介させていただきましたが…

インドネシアでもリードフォーアクションの読書会が開催されました♪

今回は、200人の
学校の先生のたまごたちと
読書会を開催しました!



参加者は、
小学校で教育実習中の大学生。

鈴木さんの活動を
1冊の本にしたこちらの本を
みなで読んだそうです。

14914864_1292351444117568_1234170269_n

この本は、
現地での鈴木さんたちの活動
インドネシアの先生たちの挑戦と
変化した子供たちの様子。
さらには、
コミュニティという場の役割が
紹介されています。

読みたい!
日本でも翻訳して発売されないのかしら…。

200人という大人数で
読書会ファシリテーターは
鈴木さん一人だったそうですが、
本をきっかけに
参加者同士の対話で
どんどん場ができていったそうです。

ファシリテーターの腕と
良書の力ですかね♪

( *´艸`)

 

本に関しては、
学生さんたちに貸出したそうですが、
一部の学生は
お小遣いを出し購入してくれたそうです。

さらには、この本
教育大臣にも届ける予定だそうです。

鈴木さんの活躍も
インドネシアの未来も
見逃せませんね。

 

Comments

comments

関連記事

  1. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう

  2. 言葉の不一致。

  3. 多様な価値観を読書体験がつなぐ

  4. 私、あなたみたいなタイプが苦手です。

  5. 野望を実現させるカギは縄文時代にアリ!(笑)

  6. 素人の私が、街を動かす大規模イベンターとなる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 7年間薬剤師として、たくさんの薬と患者さんに囲まれて働き 『本当の健康ってなんだろう?』…
  2. 読書会のファシリテーターさんはさまざまな分野で活躍していますが、そんな中のおひとり堀…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る