menu
閉じる
  1. 多様な価値観があるからこそ、読書が面白くなる
  2. 新しい働き方を実現したければ、アホを極めてみる
  3. あぁ~いつも私は雑用ばっかり…
  4. 年収3000万円以上の人と年収300万の人の読書量は38倍も違う!
  5. 「読書会」って何をしているんですか?
  6. 電子書籍でも読書会できますか?
  7. 問題解決のための隠れコマンドがこれっ!?
  8. ものの値段、そしてあなたの値段を知ること
  9. フォトリーディング-[STEP5]活性化
  10. なぜ、読書会で問題解決ができるのか…それはきっと、メタファーの力。
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

「どうしたら、売上を上げることが出来るでしょうか?」…と質問してみたら

月刊ブックカフェの振り返り動画…

QK大学って何?という質問に学長が答えます!

を見てくれた方が
職場で質問をつかった実践!
そのレポートです。

===
昨日、職場の朝礼で
早速質問してみました!

月末の売上目標からの現在地を確認して

「どうしたら、売上を上げることが出来るでしょうか?」

するとスタッフのみんなから
「〇〇を販売しましょう」
「2日間限定〇〇サービスをLINEで打ちましょう」
などなど出てきたので

よし、じゃあやろう、と
実行してみたら…
結果、
そこから4件の仕事が入りました!

そして、
終礼の振り返り時に
「〇〇さんと〇〇さんは、このサービスが好きなんですよ」
「〇〇さん、〇〇さんは、明日来るかもしれませんね」
「来月は初旬に〇〇しておいて、月末の下地を作れるように、個人目標を〇〇設定しましょう」
などなど…

でるわでるわ、で
来月の取り組み案の修正の仕方まで
スタッフから声があがりました。

ああ、スタッフのみんな
すごいな
ひとつひとつのことに
よく精通していると
優秀だなと
再発見しました。

そして、
質問すると
個々が活性化して
それをどう繋げは良いのか
ラインが見えてきて
言葉にして拾いあげておけば
しばらくの行動指針として
みんなでシェアしやすい目標が
できるそんな体験ができました。

ありがとうございますm(_ _)m

===

レポートうれしいです。
ありがとうございます。

そう、せっかく
職場の人が集まる朝礼という場
上司からの一方通行の情報だけじゃもったいない。
メンバーにちょっととした問いかけをするだけで
雰囲気も変わるし、
新しい情報も得られるのですね。

いい質問をしたら

『本質を浮かび上がらせるための発見力』

につながるのです。

 

今後のQK大学、
月刊ブックカフェの活動も
是非、チェックしてくださいね。

過去の開催レポートや今後の開催予定などは、
QK大学メールマガジンにてお届けしています。
↓ ↓ ↓
lgi01a201409130800

月刊ブックカフェは、
これからを生き抜くため
未来に必要な創造性の扉を開く鍵を見つけ出していく学校
QK大学の公開授業です。

%e5%9b%b31

Comments

comments

関連記事

  1. 元人事担当が教えてくれる就職面接者の本音

  2. (続)私、あなたみたいなタイプ苦手です

  3. 読書会は就活にも役立つ!

  4. 4時間で7冊も本を読んでしまいました!

  5. 上司と「もしドラ」が教えてくれたこと

  6. オススメです!例えばこんな「上司とのコミュニケーション」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 一部上場の製造業にてエンジニアのお仕事をする傍ら名古屋で読書会を開催してきた齋藤恭子さんの紹…
  2. ストレスフリーな働き方や読書会の魅力についてリーディングファシリテーターの新田茂幸さんに5回…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る