menu
閉じる
  1. 顧客に恋する共感マップ
  2. クレジットカードが生まれた理由
  3. 手にした本、著者はどんな人かな…と思ったら、隣にいた!
  4. えっ本を事前に読んでこなくていいんですか???
  5. 言葉のジャングルに落ちる…
  6. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  7. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  8. 私が外に出て見つけた、私の才能
  9. [ワークシフトのステップ3]大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ
  10. 読書会を開催して、あなたの働き方をシフトする!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

ハイヒールはいつ卒業する?

2017年2月13日
大阪にて開催した
月刊ブックカフェ。

月刊ブックカフェとは…
bookcafe

月刊ブックカフェ2月号のテーマは、
『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』でした。

 

読書会の中で
参加者が手にした1冊。

手にしたのは男性参加者

そして、
目次の中で…

もう、ハイヒールを卒業する時期になった?

という文字に目がとまったのですが、
自分は男だから関係ないし…
という一言から…

関係ないと切り離すのは簡単。
けれども、
ハイヒールという
一般的に女性が履くとされている靴を
自分にあてはめると
何に例えられるか…
そんな視点を変える力があると
読書って楽しくなるかも。

例えば、
女性にとってハイヒールって
働く象徴だったり
美しさの象徴だったり
するわけです…

ハイヒールを卒業っていいうのは
人それぞれですが、
仕事を辞めるときや変えるとき
女性としての節目だったりするのです。

これって男性にもあるでしょ・・・

ハイヒールをネクタイやワイシャツに
とらえ直して考えるとわかりやすいかも。

そう…こんなふうに
一見、自分には関係ないと思ったことから
思考を広げ、
再解釈をすることって
未来を広げる1つの方法かもしれません。

そう・・・
2016年11月からのテーマ
11月号『想いを具現化させるための質問力』
12月号『本質を浮かび上がらせるための発見力』
1月号『否定を肯定へと変換させる再解釈力』
2月号『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』
ってつながっているのかもしれませんね。

より良い『質問』をつくることにより
新たな『発見』ができる
その発見したことを
ただ単純に受け止めるのではなく
自分なりの『解釈』を生み出す。
そのことにより『拡大』した
思考や行動につながるのかもしれません。

 

過去のブログや
開催レポートなどもチェックしてね♪
bookcafe

Comments

comments

関連記事

  1. あなたに似合う洋服とあなたに似合う言葉と…

  2. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう

  3. この世界はとっても優しいところ…

  4. 言葉のジャングルで、苦手を克服する

  5. あなたの新しい世界を拡大させる…たった1つのスタンス

  6. フューチャーセッションとコラボをするという相乗効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 今回紹介するリーディングファシリテーターは中川雄貴さん。関西の高校に勤務する20代の先生です。…
  2. Read For Actionの基本読書法の1つにワードジャングルというものがあります。…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る