menu
閉じる
  1. 最強のビジネスツール グループ活性化
  2. 変化する時代の中で、読書会がもたらす効果とは…
  3. 腕組みをして人の話を聞くことは悪いことなのか…?
  4. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう
  5. 読書会の良さは、その本を読まないこと…
  6. フューチャーセッションとコラボをするという相乗効果
  7. サステナブルなコミュニティ創りのヒント
  8. 月刊ブックカフェ『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』ふりかえり
  9. 通読する読書は良くないのでしょうか?
  10. 古典と相性のの良い読書法とは…?
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

手を振らないと決めた理由

月刊ブックカフェ1月号。
2017年1月30日、大阪梅田にて開催しました。

平日の10時~12時の開催にもかかわらず…
ちっちゃなベイビーもふくめ
総勢13名での読書会となりましたっ!

予定を調整してくださった方
この日を楽しみにしてくださった方
などなど、
ブックカフェに足を運んでくださり
ありがとうございました。

月刊ブックカフェとは…
↓ ↓ ↓ ↓
bookcafe

▼月刊ブックカフェ関連の記事はこちらからどうぞ♪

 

月刊ブックカフェ1月号のテーマは、
『否定を肯定へと変換させる再解釈力』

 

16425814_1193535910695191_3353899638806692663_n

何か落ち込んだときに
新しい視点をくれた本や
ふと思い込みの枠を外してくれた本を
持ってきてもらい、
そのエピソードを紹介したり
お互いの本を読んで
再解釈力について
読み解いていきました。

さまざまな気づき、発見の中で
1つ紹介します。

 

私が持参した
エンターティナーの条件。

多くの方がご存じの
KinKi Kidsの堂本光一さんの著書です。

 

彼は、
KinKi Kidsとしても
ソロでもコンサートに
立っていますが、

コンサートでお客さんに
手を振る事はしないそうです。

手を振ることで
ファンの心をつかむことはできますが、
そのファンサービスよりも
パフォーマンスという
クォリティーで
お客様の心をつかみ
『もう一度、手を振ってほしい』
と思われるよりも
『もう一度、あのステージを見たい』
と思ってもらえる人になりたいと思ったそうです。

 

その場の楽しさだけではなく
未来の自分の在り方を問われる
そんな感じがしました

一段上の未来をイメージしたとき…
何かを捨てることや辞めることができるかもしれませんね。

 

bookcafe

▼月刊ブックカフェ関連の記事はこちらからどうぞ♪

Comments

comments

関連記事

  1. 問題解決のための隠れコマンドがこれっ!?

  2. ハイヒールはいつ卒業する?

  3. これぞ読書会ファシリテーターの真骨頂!スーパー裏方職人です!

  4. 魔法のようなテクニックで場をつくっていく

  5. やだっ!こんな自分がいるなんて…

  6. 環境はさまざまでも悩みを共有すると共通点がみつかる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 福島の中学校で教職についているリーディングファシリテーターが読書会を道徳の授業に取り入れ…
  2. 2015年にリーディングファシリテーターとなり関西にて活躍している崎山てつやさん…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る