menu
閉じる
  1. 読書会のファシリテーターになるとジワジワと働き方が変化してしまう
  2. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう
  3. 一番学びがあるのはファシリテーターです
  4. これからの未来に必要な 創造性の扉を開く鍵の一部を紹介します
  5. 私はシンプルイズベストだと思う
  6. 成功へ導く、小さな習慣をノートにしました
  7. 誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです
  8. 〇〇を描くと予定は前倒しされます
  9. 読書会は旅と似ています
  10. 多様な価値観があるからこそ、読書が面白くなる
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

手にした本、著者はどんな人かな…と思ったら、隣にいた!

2017年1月22日、
リーディングファシリテーター養成講座
でした。

遠くは富山から、15名の方が参加。

ありがとうございます。

DSC03134

DSC03132

DSC03143

 

リードフォーアクションの読書会は
実際に本を読む前に
著者のプロフィールなどから
この人にどんなことを聴きたいかな
と想像し、読みます。

講座の中でも
本を手にする場面がたくさんあります。

受講生のおひとりが
ワークの中で手にした本がこちら

本の著者は堀口美奈さん。

堀口さんは、
eテレのニッポンのジレンマに出演
メディアでも活躍されている方です。

著者はどんな人かなーと
隣の席を見たら、
座っているのが堀口美奈さんご本人。

そう、堀口さんも
リーディングファシリテーターなのです。

何気なく開いた本
著者と対話するように読むと
学びも深まるのではないかと思います。

堀口さんも、
自分の本に立てられた問いにも
興味深々だったし
さまざまな視点で読み、
読者が気づき、発見を
していく姿を見れて
とっても刺激的だったみたい。

著者を意識して読まなかったら、
近くにいる著者に気づくことが
できなかったかもしれませんね。

本を読むときも著者を意識して
読み続けていたら、
近い未来に、
思わぬ出会いがあるのかもな…
と感じた瞬間でした。

 

banner-1

Comments

comments

関連記事

  1. 月刊ブックカフェ11月号を開催しました!テーマは『質問力』

  2. 読書会を開催したいんだけど…しっくりくる企画ができないんです…

  3. これは、『不安』と『期待』の象徴なのです…

  4. 読書会の終わりは始まりなのです

  5. 私はシンプルイズベストだと思う

  6. 遠足の前日のような気分を味わう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 会社員をする傍ら、行政書士の資格を取得し、開業にまで至ったMさん(女性)。当面、会社…
  2. 何かしら知識を仕入れると実行せずにいられない性分の野口容子さん知人の紹介でR…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. あなたのやりたいことが世界のためになる
  2. あけましておめでとうございます
  3. 2018年あなたの働き方をシフトするチャンスです!
  4. 2018年の流れに乗るために!
  5. ライフシフトするあなたをサポートします

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る