menu
閉じる
  1. 成長するためには、まず〇〇〇ことが必要です
  2. 読書会のファシリテーターって主役だと思う?
  3. あと一歩踏み出す勇気があったら…
  4. 読書会って本以外にも読むものがいっぱいあるのです
  5. 『思い込み』という壁を外していく
  6. 読書をする前に、まず〇〇をする
  7. あなたのチカラを最大限引き出すために必要なことは…?
  8. 成功へ導く、小さな習慣をノートにしました
  9. 子どもだから、子ども扱いしません
  10. 全社員150人で読書会をする価値とは
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

心がゆさぶられる読書をしたいなら…

外山滋比古さんの
乱読のセレンディピティより

 

本はナメるように読むよりも
風のように読むといい。

そんなメッセージが目に留まり
思わず買ってしまった1冊。

 

▼ふつう読み

本に書いてあることを正しく理解すること。
しかし、本とは、人が書いたもの
つまり著者の思考です。
そのため、100%正しく理解することは難しい。
100%正しく理解したつもりでも
実は、70~80%程度しか
正しく理解できておらず
残りは、「解釈」という
自分の考えで補填されているのだそうです。

▼乱読する

乱読をすると
理解できてない部分が多い。
読者の頭の中に
情報が物理的に入ってくることも少ない。
けれども、再び本を開いたときに
前に読んだ文字が目に飛び込んできて、
そこに衝撃を受けたりと
科学反応が起きやすいそうです。

ふつう読みもいいけれど
乱読からのほうが知的刺激があるだそう。

▼さらにおしゃべりを加え…

18世紀のイギリス
ルーナー・ソサエティという
おしゃべり会があったそうです。
イギリスは、産業革命により
世界のトップに立つことになったが
産業革命を推進した
新発明や発見は、
ルーナー・ソサエティから生まれたそうです。

20世紀には、
アメリカのハーバード大学に
アカデミックなおしゃべり会が生まれ
後々、ハーバード大学の名を
高らしめることになった
成果をだしてきたそうです。

おしゃべりという行為は、
私たちが思っている以上に
人の知識創造を引き出すようです。

▼まさにリードフォーアクションの読書会

読書会での読書は
まさに乱読…
時にはまったく読んだ気がしない場合もあります。
しかし、目にとまったキーワードから
参加者同士のおしゃべりをし
思わぬ気づきや発見があり
読書会に参加する前と後で
まったく違う考え方になっていたり
新しい視点を得ていたりするのです。

 

▼読書会に参加してみる
読書会に参加したい!

▼読書会を開催してみる
banner-1

Comments

comments

関連記事

  1. 『私はどんな人?』に答えることできるか?

  2. 本を読む時間がないと思ったら…

  3. 2045年問題と読書会と…。

  4. 言葉のジャングルに落ちる…

  5. 顧客に恋する共感マップ

  6. ライフシフトの最初の一歩は読書会に参加すること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 兵庫在住のNさん(女性)。リーディングファシリテーター養成講座へは、ファシリテーターという役…
  2. インドネシアで活動する鈴木亮さん。中学校教諭を6年間勤めたのち、10代からの夢だったイン…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る