menu
閉じる
  1. 子供のころの好きを思い出してみる!
  2. なぜ、「あの人」には話が通じないのか?
  3. 『次の段階へ進むための内省力』について考えてみよう♪
  4. なぜ、読書会で問題解決ができるのか…それはきっと、メタファーの力。
  5. 変化しつづける社会で生き残るために…
  6. アンチョコを見たっていいのです
  7. あと一歩踏み出す勇気があったら…
  8. フューチャーセッションとコラボして、改めて読書会の魅力を感じた!
  9. 電子書籍でも読書会できますか?
  10. インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

小さく起業体験ができる読書会ファシリテーター

今は会社員だけど、
近い将来、起業できたらいいなぁ〜と
漠然と思っている方へ

起業準備の1つの手段に
会社員でいる間に
リーディングファシリテーターとなり
読書会を開催することを
お勧めしています。

 

私は読書会のファシリテーターという活動は
ミニ起業体験の場でもあると思うから。

リーディングファシリテーター養成講座
受講生からこんな質問を
いただいたことがあります。

『有名なファシリテーターでなければ、
読書会を開催しても、
集客は難しいのでしょうか…?』

すごい肝になる
とてもいい質問をいただきました。

この質問の答えは、
YESでもありNOでもあります。

読書会を開催するということは…

【読書会=自分の商品】

となります。

だから、
自分らしいテーマで
自分の価値を表現できる
読書会の企画を立てることが重要。

つまり、
商品企画商品開発
することになります。

そして、
どんなに素晴らしい
読書会を企画しても
お客様がいらっしゃらなければ、
開催できません。

つまり、商品が売れない
ということになるのです。

マーケティング営業ですよね。

さらに、
読書会に参加してくださった方に
読書会にリピートしてもらったり
読書会後の変化を教えてもらったり

とこれはカスタマーサービスです。

こういう視点で考えると
小規模ながら
立派なビジネスなんです。

あぁ〜こうやって
自分の価値が市場に流れていくんだ
ということを身をもって体験できます。

しかもです!!!
読書会という気軽な場なので、
お客様が集まらない場合でも
リスクは少ない。

うまくできなかったときに
きちんと検証をすれば、
未来への財産にもなります。

読書会を開催することで
この小さな小さな起業体験を
できると思ったら…

未来の可能性が広がると思いませんか?

『有名なファシリテーターでなければ、
読書会を開催しても、
集客は難しいのでしょうか…?』

この質問に回答するならば…

有名だから集客ができるのではなく、

商品企画、商品開発、
営業、マーケティング
カスタマーサービス
をしっかり行った人が
少しずつ集客ができるようになり

結果、有名なファシリテーター
になれるとかなっと私は思っています。

 

banner-1

Comments

comments

関連記事

  1. 8つの特典に、さらに2つの特典を付けました!

  2. 読書会を開催したいんだけど…しっくりくる企画ができないんです…

  3. 読書法だけを知っていても読書会は開催できません!

  4. 『行動派』という中国のスゴイ読書コミュニティ

  5. 魔法のようなテクニックで場をつくっていく

  6. 結果を出す読書会にしたいなら、〇〇〇の定義が必要です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 会うたびに言われます…「木村さんに会ってからですよ~私の人生変わっちゃったの…!!!」は…
  2. 読書会ファシリテーターになる講座を受講してから大きなハードルは一番最初の読書会開催です。…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る