menu
閉じる
  1. リードフォーアクションの読書会がもたらす4つの成長ステージ
  2. 読書会のファシリテーターになるとジワジワと働き方が変化してしまう
  3. 学んだことは使ってナンボ!
  4. ハイヒールはいつ卒業する?
  5. 『思い込み』という壁を外していく
  6. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  7. 『行動派』という中国のスゴイ読書コミュニティ
  8. 難しい本だって、すぅ~いすいっ!
  9. 読書会はビジネス書が多いですが、小説ではできないのですか?
  10. 求人者が理想の仕事を見つけられないのは…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

顧客に恋する共感マップ

2011年から開催している
ビジネスモデルジェネレーション読書会から
私なりに理解した
ビジネスモデルの描き方の紹介を
させていただいています。

1.あなたの想いが伝わる9つの空白
2.小さな力が大きなパワーとなる共振現象
3.顧客に恋する共感マップ ←この記事はここ
4.あと一歩踏み出す勇気があったら…
5.あなたがあなたに共感する

今日は、その3回目。

 

顧客に恋する共感マップ

ビジネスモデルキャンバスは、
(1)顧客セグメント
から描いていきます。

それは、お客様がお金を払って
あなたの商品やサービスを買ってくれるからです。

「うぅ~ん、わかっちゃいるけど・・・」

(1)顧客セグメント→(2)価値提案

「お客様のニーズに答える価値って何?」
と考えると悩んでしまいませんか?

そんな時に活用できるのが共感マップなのです。

顧客を購入という行動に導くには、
顧客の心に気づくことが必要。
だから、悩むんですね。

これって、
相手の気持ちを知りたい・・・けど分からない・・・
恋する気持ちに似ているカモ。

 

共感マップとは?

顧客のプロフィールを
短時間で作成することができます。
ビジネスモデルを構築する上で、
複数でビジネスモデルを描く際など
メンバーの意識を集中させるのに役立つのが人物像です。
対象である顧客にメンバー全員の意識を
注中させることができるでしょう。

empathy_map
顧客が
(a)何をみているのか?
(b)何を聞いているのか?
(c)何を感じ、何を考えているか?
(d)どんなことを言い、どんな行動をしているか?

そして、顧客の
(e)痛みとは何か?
(f)得られるものは何か?

描き出していくのです。

顧客のニーズがわかったら
(2)価値提案
を埋めていきましょう。

≪参考ページ≫
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書


の130ページをご覧ください。

 

共感マップを描く際のポイント

慣れるまでは、下記の順番で描いてみるといいでしょう。

1.対象となるお客様の環境面を整理しましょう。
(会社、家族、住んでいるところなど)
2.(a)~(d)の4つをまず描いてみる。
3.(e)と(f)を1と2から想像する。

つまり、
顧客の『属性』情報から
顧客の気持ちである『心理』
という順番で分析していきます。

ラブレターを書く時にも
相手の共感マップを
描いてみるのもいいかもしれませんネ。

Comments

comments

関連記事

  1. 本の形って鳥の形

  2. さて、引き続きつくりましょう!

  3. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか

  4. 面白いことに…

  5. 読書をする前に、まず〇〇をする

  6. 恋をすれば、知識は行動に変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 若者の本離れ…なんてことを最近のニュースで耳にすることがありますが、私のまわりには、本を…
  2. 2015年11月8日(日)門司生涯学習センターにて行動する読書会in門司が開催されました…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る