menu
閉じる
  1. やばっ!これは何にでも使える!
  2. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づいたこ…
  3. 自分の「痛み」を特定する!
  4. Read For Actionには3種類の読み方があります
  5. ルールは守るのではなく、知ることから。
  6. 『次の段階へ進むための内省力』について考えてみよう♪
  7. そもそも…コミュニティはつくるものなのか?
  8. 仕事の世界で必要な3種類の資本
  9. Read For Actionの読書は、実はとってもロジカルなんです
  10. ぜんぜん本を読まないのに本を読んだ気になっちゃう謎を解く
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

読書会にどんな本を持参すればいいでしょうか?

リードフォーアクションの読書会は
大きく2種類あります。

1.課題本が指定され、その本を持参する読書会
2.テーマが設定されていて、関連する本をそれぞれが持参する読書会

課題本が設定されていれば
迷うことはないのですが、
設定されたテーマに関連する本を
自分で選んで持参する場合、
どんな本を持って行けばいいのか
問い合わせをいただくことがあります。

今日は、
そんな持参する本に悩んだ方への
アドバイスを…♪

目次がわかりやすい本を選んで!

リードフォーアクションの読書会は
質問を作り、
その答えを探すというワークがあります。
その際、目次がある本が探しやすいので
初めて読書会に参加するという場合などは
わかりやすい目次のビジネス書がおすすめです。

ページ数は、200~300ページくらい

初めて参加される場合は
軽すぎず…重すぎずという感じで
200~300ページくらいの
ビジネス書がいいでしょう。

ファシリテーターに聴いてみる!

申込んだ読書会の
ファシリテーターに直接
聴いてみるのもアリです。
自らテーマを設定するくらいですから
思入れのある本が何冊かあるハズなのです。
担当ファシリテーターの
人となりも事前に感じられるので
思い切って聴いてみるといいでしょう。

買ったけど、まだ読んでない積読本でもOK

読書会を申し込んだのもあなただし
その本を買ったのもあなた
読書会のテーマと
一見関係なさそうな本でも
あなたという媒体を通して
思わぬつながりや関連性があったりするカモ。
読書会でそれが見つかったら面白いデスネ♪

思い切って手ぶらで行く!

持参する本に関して
本当に悩んでしまったら
あえて手ぶらで参加しては…!?
ファシリテーターは
関連する本を多めに持参しているし
参加される方も、2~3冊持参される方が多いです。
思い切って借りちゃう♪
普段、手にしない本に出会えるので、
楽しさ倍増です!

 

本を読むだけではなく
本との出会い、参加者との出会いから
さらに、新たな気づき発見があります。
読書会を楽しんでみてくださいね。

 

まずは無料体験読書会に参加してみる!

読書会に参加したい!

読書会についてよくある質問をまとめています

Comments

comments

関連記事

  1. そもそも正解って何だろう…?

  2. 言葉の山を登山する…そして、山頂にあるのは…

  3. たった1%のリーダーになるためにやるべきことは…

  4. フューチャーセッションとコラボして、改めて読書会の魅力を感じた!…

  5. 読書会の良さは、その本を読まないこと…

  6. リーディングファシリテーターも多様デス!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 会社員をする傍ら、行政書士の資格を取得し、開業にまで至ったMさん(女性)。当面、会社…
  2. ニュージーランドに活動基盤を置きニュージーランドに移住を希望する日本人を支援したり現…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る