menu
閉じる
  1. 魔法のようなテクニックで場をつくっていく
  2. インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本
  3. 読書会のファシリテーターになるとジワジワと働き方が変化してしまう
  4. 「QK」の謎が解けました!という方へ、さらに謎が解けます!
  5. ダース・ベイダーから生き方を学ぶ
  6. 私はシンプルイズベストだと思う
  7. 『思い込み』という壁を外していく
  8. 現実に変えていくチカラって何だろう?
  9. ステージがあがったなと感じた瞬間
  10. フォトリーディング-[STEP4]復習
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

アクティブラーニング型授業に読書会を!

今回紹介するリーディングファシリテーターは中川雄貴さん。
関西の高校に勤務する20代の先生です。

 

リーディングファシリテーター養成講座
を受講したきっかけは、

『通常の授業に
アクティブラーニング型授業を導入して実践していく中で、
思考力・判断力・表現力と併せて、
読解力等も低いことに気づきました。

さらに確かな答えがない限り、
失敗を恐れて発言しないなどの問題点がありました。

そこで上記の力をつける方法は無いかと考えていたところ、
本を活用するという方法に出会い、
リーディングファシリテーター養成講座
受講しようと思いました。』

と…
アクティブラーニングについて
積極的に学ばれている先生なんです。

2020年にセンター試験廃止になる
という背景もあり
教育に携わる方から
アクティブラーニングという言葉を
耳にする機会が多くなりました。

時代の変化とともに
学び方の変化も考えていく
必要があるんですね。

そんな場に読書会が
有効であることは
とてもうれしいですね。

中川さんは、
2015年12月に講座を受講後
2016年1月には、
授業で読書会を実施。

講座内で得たこと
受講後も積極的に質問をいただき
こちらも、本当にフォローしたくなってしまう。

gf01a201503290800

想いって伝染すると思うのです。
高校の生徒たちも
一部のジャンルしか本を読んでなかった生徒が
さまざまな本を手に取るようになってくれたようです。

子どもたちの未来を考え
自らが学び続ける先生なんです。

 

 

banner-1

Comments

comments

関連記事

  1. 彼にも手が届いた「本」という存在

  2. リズムを大事に場をつくり、参加者とハーモニーを奏でる

  3. レクリエーションからリ・クリエーションへシフトする

  4. 読書とは、著者というひとりの人との出会いなのです

  5. 普通の主婦だった私が、社団法人の代表理事に!

  6. 読書会とスイーツは相性がいいらしい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. どうやら読書会とスイーツは相性がいいらしい。2011年からスタートしたRead …

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼おすすめ記事

▼新着記事

  1. 大きな成功は、小さな一歩の積み重ね
  2. がんばらなくても、相手は何かしら受け取っている
  3. 誰よりも大変なのは…
  4. さて、引き続きつくりましょう!
  5. 【博多にて開催】リーディングファシリテーター養成講座

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る