menu
閉じる
  1. 問題解決のための隠れコマンドがこれっ!?
  2. 顧客に恋する共感マップ
  3. やばっ!これは何にでも使える!
  4. 物語というメタファーの力
  5. 自分の「痛み」を特定する!
  6. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  7. 月刊ブックカフェ『自然と行動ができるようになるための計画力』ふりかえり…
  8. 初めてという体験を面白がれるか…が未来の扉を開けるカギ
  9. これからの未来に必要な 創造性の扉を開く鍵の一部を紹介します
  10. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づいたこ…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

2045年問題と読書会と…。

コンピューターが進化をし
人智を凌駕する…
といわれているのが、2045年問題。

 

過去を振り返ってみると
人は賢くなるために
本を読み学んだ。

人が賢くなったが
機械が生まれ
工場から人間が排除された。
機械の馬力が人間の力を越えたから…。

人が事務の仕事をするようになり
コンピューターが生まれ
さらに多くの人の仕事を奪い始めている。

こういった流れの中
人間がコンピューターに完敗するのが、
2045年であろうと言われているのです。

人が生み出したものに
人に仕事を奪られるとは
…なんて感じる人もいるでしょう。

とはいえ、
車、電車、航空機などで移動をし、
パソコンやスマートフォンを使い
仕事をしたり、情報交換したりと
テクノロジーの進化の中で、
私たちにとっても、
さまざま便利な時代となりました。

 

外山滋比古さんは、
このような時代の変化の中、
当面の間、
コンピューターができそうもなく
人間ができることは
おしゃべりであろう
と言っています。

18世紀のイギリス
ルーナー・ソサエティという
おしゃべり会があったそうです。
イギリスは、産業革命により
世界のトップに立つことになったが
産業革命を推進した
新発明や発見は、
ルーナー・ソサエティから
生まれたそうです。

20世紀には、
アメリカのハーバード大学に
アカデミックなおしゃべり会が生まれ
後々、ハーバード大学の名を
高らしめることになった
成果をだしてきたそうです。

おしゃべりという行為は、
私たちが思っている以上に
人の知識創造を引き出すようです。

リードフォーアクションの読書会も
たくさんのおしゃべりをします。

しかも、
本をきっかけに、
脳を刺激するおしゃべり
をするのです。

変化する時代の中で、
私たち人が人らしい活動をする
読書会は、
まさに21世紀の
おしゃべり会ではないかと思うのです。

▼読書会に参加してみる
読書会に参加したい!

 

そして、読書会を開催することは
時代の変革リーダーとなっていくのかもしれませんね。

Comments

comments

関連記事

  1. 読書会では、時間に恋する読書をします

  2. 王子様の心をつかむには…?

  3. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づ…

  4. 読書会には静かな時間が必要です

  5. リードフォーアクションの読書会って何!?に答えてみる

  6. 読書会は、人間力を向上させる!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 彼のニックネイムは、マカロン王子マカロン!?王子!?はい、マカロンが大好きな…
  2. 「そろそろ呑みたいんです…」というメッセージが届くんです。それが、読書会開催のタイミングなんです…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る