menu
閉じる
  1. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  2. 読書会の良さは、その本を読まないこと…
  3. しっかりとした自己認識がカギです
  4. 変化しつづける社会で生き残るために…
  5. シワを隠すくらいなら、いいシワをつくろう!
  6. ターゲットをしぼれないよ…と悩んだら
  7. 『あなたの読書会は?』リーディングファシリテーターの悩みから気づいたこ…
  8. ファシリテーターに一番必要な力は胆力なのです!
  9. 読書会はビジネス書が多いですが、小説ではできないのですか?
  10. 月刊ブックカフェ『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』ふりかえり
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

全社員150人で読書会をする価値とは

東京、名古屋、大阪、金沢と

国内に4拠点をもつ企業様から
読書会の依頼をいただきました。

全社員が一堂に会す
研修会の一コマに読書会です。

テーマは、外との交流。

組織に所属していても
他部署との交流、
他者との交流が必要ですし、
お客様は社外の人
所属している会社とは違う文化を持ってくるでしょう。

さらには、情報社会。
メディアを通して、
嫌でも情報が入ってきます。

いろいろな意味で、
外との交流を考えるとは
とても大事なことなのでしょうね。

こういった一般的な言葉で
表現しているテーマには
読書会はとっても相性がいいと思っています。

一般的な言葉や表現は
10人いれば、10通りの解釈が生まれる。

人は、何気ない言葉の表現の中に
一般化したり、削除したり、歪曲したりします。

だからこそ、本や対話を通じて
それを具体的に紐解いていくのです。

 

そもそも…私たちにとっての外と交流とは?

ってことがわかるだけでも
価値がある作業です。

さらには、本があることで、
社員だけじゃなく
社員が持ってきた本の数だけ、
…つまり著者の数だけ考え方をもらえるのです。

 

外と交流って
私たちが想像するよりも
もっともっと楽しいことなのかもしれないですね。

 

 

 

Comments

comments

関連記事

  1. ステージがあがったなと感じた瞬間

  2. 環境はさまざまでも悩みを共有すると共通点がみつかる

  3. がんばらなくても、相手は何かしら受け取っている

  4. 競合他社を観察するな!自分の過去を振り返るな!…ってどういうこと…

  5. 言葉のジャングルに落ちる…

  6. 子ども同伴OKの読書会ってどうですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 言葉を学ぶとき、一番てっとり早いのはその言葉が話されている国に行って、学ぶことですが、ま…
  2. 今回紹介するリーディングファシリテーターは中川雄貴さん。関西の高校に勤務する20代の先生です。…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る