menu
閉じる
  1. たった1時間で問題解決をしなければいけないときにやるべきこととは…
  2. 良いスタートは一生の宝となる
  3. そもそも正解って何だろう…?
  4. メンターの存在が必要です!
  5. 読書会のファシリテーターになるとジワジワと働き方が変化してしまう
  6. あなたがあなたに共感する
  7. 2045年問題と読書会と…。
  8. 【英語を読むコツvol.08】行動すること
  9. 読書会の効果を10倍にするための、静かな時間と小さなテスト
  10. 読書をする前に、まず〇〇をする
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

初めてという体験を面白がれるか…が未来の扉を開けるカギ

私が初めて読書会を開催したのは…
2011年7月末のこと。

その時のメンターだった岡崎真さんと
我が人生の師である石ヶ森久恵さんの
両名に後ろ盾として支えられての開催でした。

岡崎さんは、
4,000人の経営者・幹部を
10年以上支援・育成し続けてきた
「リーダー育成」のプロフェッショナル。

石ヶ森さんは
フォトリーディングやマインドマップなど
加速学習の神田さんの下で開催している
このときから私にとってあこがれの講師。

当時、神田昌典氏率いる
LINCsという
コミュニティに参加しており
ご一緒させていただいていたのがご縁なのですが、
読書会のファシリテーターになった
んだから、やらないと…と。
ふたりに背中を押してもらっての開催でした。

はい、私も最初は、
誰かに背中を押してもらっての開催でした…( *´艸`)

 

そのおふたり…
250136_186413494756610_3454638_n

背中を押してもらっただけでなく…
読書会に応援に来てくれた。

ありがたい…&緊張100倍増し!!!(#^^#)

 

 

読書会のテーマは”新しい働き方”。
現在も開催している
本と人と新しい働き方に出会う読書会
です。

このタイミングで発売されていた
新しい働き方として
代表的な2冊を課題本として開催でした。

 

 

当時、開発された
全脳リーディングという
神田昌典氏が開発した全脳思考を
(現在はフューチャーマッピング)
読書のツールとして応用したものを使っての開催。

284946_186272434770716_6227427_n

読書会初開催の上に
新しいツールを使うってことで
ド緊張だったことしか記憶にありません。
しっかりと流れをマインドマップにしての登壇でした。

さらにはね、
要所要所に巨匠のおふたりが
サポートにはいってくださっている…
(その証拠写真・笑)

281396_186277761436850_2746503_n

284614_187126794685280_5107144_n

それだけ、私がアウアウしていた証拠です。

うまく説明できないところは
チャンスだと思って、
ふたりによろしく~ってお願いもしちゃったりして…。
そこは、ちゃっかり♪

途中、石ヶ森さんと作戦会議をするという…
そんな場面もございました…デス( *´艸`)

262496_186449298086363_5990899_n

283511_186449384753021_306035_n

冷静に考えたら、
このふたりに立ち会ってもらっての初開催なんて
なんて贅沢なんだ!!!!とも思います。

 

初めての読書会は、
こんな感じで
たくさんの方に支えられて
できるものかもしれませんね。

 

3時間の読書会。
何か、ながーーーい
冒険の旅をしてきたような時間でした。

参加者さんの
新しい働き方という未来を創造し、
その未来に向けて
一歩を踏み出す場でしたが、
何よりもスゴイ一歩を踏み出したのが
初めての読書会を開催した
ファシリテーターである私だったんだと気づかされました。

 

何事においても
初めての体験は人生に一度きりです。
(初めてなんだから当たり前かっ・笑)


読書会の初開催という経験は、

私には二度とできないのです。

 

 

そして、
読書会を開催していく
リーディングファシリテーター
になるためには
読書会の初開催というハードルを
越える必要もあります。

 

人は大人になればなるほど…
初めての経験は恐いという
感情が大きくなるかも。

だから、この初めての開催を
自分ができないことも含めて
面白がれれるか…ってことが
とっても大切なんです。

 

何歳になっても
初めての体験を
面白がれる大人でいたいなって思います。

206108_186416048089688_5585321_n

 

そして、
読書会に限らず…
誰からやってみない?って声がかかったら
ちょっとでも面白そうって思ったら
チャレンジするっていうのもアリです。
ジワジワとあなたの未来が加速するかも。

 

読書会ファシリテーターという
初めての体験をしてみませんか?

 

Comments

comments

関連記事

  1. 知っているようで、実はあまり知らなかったまちのこと…

  2. なぜ、読書会ではカラーペンや付箋紙などカラフルにするのですか?

  3. 本を感じる

  4. あなたに似合う洋服とあなたに似合う言葉と…

  5. 9つのブロックを描く前に、 4つの視点であなたを棚卸しする

  6. 月刊ブックカフェ『目標達成に確実に近づくための実行力』ふりかえり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 関係者やメディアの取材なども含め総勢70名規模の大イベントを開催したときのこと……
  2. 私たちは読書会のファシリテーターとして活動していますが、そもそも、”ファシリテーター”の役目って…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 面白いことに…
  2. あけましておめでとうございます
  3. 意図的にカオスを創り出す天才
  4. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  5. 大切な誰かに届かなければ…

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る