menu
閉じる
  1. 最上級のファシリテーターになるためには
  2. かわいい付箋紙でワードジャングルをしたら…
  3. 競合他社を観察するな!自分の過去を振り返るな!…ってどういうこと?
  4. 読書会では、時間に恋する読書をします
  5. そもそも…コミュニティはつくるものなのか?
  6. 希望のストーリーを描く力、あなたにはありますか?
  7. えっ本を事前に読んでこなくていいんですか???
  8. 月刊ブックカフェ『想いを浸透させていくための伝達力』ふりかえり
  9. 「ハッピーノイズ」という言葉を知っていますか?
  10. 自然に行動ができるようになる計画にするための決めゼリフは…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

そもそも正解って何だろう…?

リードフォーアクションの読書会は、
基本、事前に本を読んでこなくていい…
その場で問いをつくり
答えを探す読書をします。

そのため、
はじめての体験に
緊張される方がいらっしゃいます。

 

そして…答えを探すとき、
正解が見つかりません。
これが合っているかわからないのですが…
などをおっしゃいます。

 

そもそも、正しい答えってなんでしょうか?

本というものは、
その本を書いた著者の見解であり
著者の成功体験の集大成です。
もし正解というものを定義するとしたら
著者にとっての正解です。

だから、
あなたの問いに対して
本から答えが見つからないことがあるかもしれません。

それは答えが見つからなかったではなく
見つからなかったことが
あなたにとって正解なのかもしれません。

著者の考え方と
あなたの考え方が違うだけだもん。

100点満点減点法からの脱却

私たちは義務教育の中で、
100点満点を取ることを
目指してきたような気がします。

100点を基準にして
間違ってしまったら
マイナスという評価をされる。

知識が少ない子どもには
そういった教えるという教育は大切です。

そして、大人になった私たちは、
そんな正解不正解という
2極の考え方だけではなくて
自分なりの考えや
相手の考えを受け入れ
新しい解釈や新しいアイディアを
生み出していくことがあってもいいと思います。

読書会は、著者と参加者とあなたの3者の対話

読書会では、本を読むというよりも
著者との対話という感覚をもって読みます。

だって、もし、本の著者が
あなたの隣にいたら、
本を読まずに、質問しませんか?
そんなイメージをもってもらいます。
すると、あなたなりの答えが本から見つかります。
それを読書会に参加した仲間と共有すると
自分が気づかなかった
相手視点の答えが共有され
新たな発見があったり
自分の答えがバージョンアップしたりするのです。

 

あなたの枠をちょっぴり広げる読書会に参加してみませんか?
読書会に参加したい!

読書会を開催する人になりませんか?
banner-1

Comments

comments

関連記事

  1. 本を読む時間がないと思ったら…

  2. えっそんな短時間で変化できるの?変化を促す読書会のヒ・ミ・ツ

  3. 2045年問題と読書会と…。

  4. 読書会は、掛け算したり、引き算したり…

  5. 読書会に参加して『選本眼』を身につけよう!

  6. 読書会とフォトリーディングの違いって何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 私たちは読書会のファシリテーターとして活動していますが、そもそも、”ファシリテーター”の役目って…
  2. 今回ご紹介するのは公認会計士の竹村純也さん自身も本を出版されている会計のプロです。読…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る