menu
閉じる
  1. なぜ、読書会で問題解決ができるのか…それはきっと、メタファーの力。
  2. 自然に行動ができるようになる計画にするための決めゼリフは…
  3. メンターの存在が必要です!
  4. 『本質を浮かび上がらせるための発見力』をふりかえってみよう
  5. 知識創造を引き出したければ、おしゃべりをしましょう
  6. 王子様の心をつかむには…?
  7. 違いを面白がれる大人になる
  8. 言葉の山を登山する…そして、山頂にあるのは…
  9. Read For Actionには3種類の読み方があります
  10. 9つのブロックを描く前に、 4つの視点であなたを棚卸しする
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

読書会から生まれた門司の未来

2015年11月8日(日)
門司生涯学習センターにて
行動する読書会in門司が
開催されました。

誘致してくださったのは、
北九州に在住のリーディングファシリテーター隠崎龍治さん。隠崎龍治

地域の方々と共に、想い語り、考え、
行動につなげて「門司商店街活性化」から、
活力と賑わいのある「まちづくり」を図る。

北九州市立大学 地域創生学群
「門司商店街活性化プロジェクト」の
学生のみなさんの協力も取り付けてくださいました。

 

以下の4つのテーマがあがり

・観光客が商店街に足を運んでお金を落としてもらう仕組みを考えよう
・門司発で、自ら楽しみ楽しませる人を生み出す
・門司港愛を生むつながりのはじまりをどう作ればいいか?
・もう1度また来たいと思ってもらえる商店街づくり

本をきっかけに
新しいアイディアをみつけました。

11693907_897670190281766_5192885250249109945_n

11140297_897670766948375_3954529440083063505_n

【読書会から生まれた門司の未来】

■Aチーム:観光客が商店街に足を運んでお金を落としてもらう仕組みを考えよう

地元では当たり前でも、観光客には当たり前じゃない。地元の当たり前をみつけよう!ものはうすを活用し、高齢者と若者の交流の場をつくったり、観光客に門司に宿泊してもらうしくみを考える。Uターンで戻ってきた人たちの力を借りて、活性化の取り組みを行う。

■Bチーム:門司発で、自ら楽しみ楽しませる人を生み出す

Fun=Fan
地元民が自ら楽しむことが観光客を呼び込むことになる。具体的なビジョンをもって地元の人が楽しめる取り組みをし、他の地域から興味をもってもらう。

■Cチーム:もう1度また来たいと思ってもらえる商店街づくり
若い男女を対象にイルミネーションなどのゲーム感覚なイベント行う。その中で、商店街の方の志をプラスさせ、ゲームの中で商店街の方とコミュニケーションがとれるようなことができたらいいと思う。

■Dチーム:門司港愛を生むつながりのはじまりをどう作ればいいか?
門司は北九州の中で老齢率が高い。こういった状況を若者も含めて共有することば必要。高齢者も固くなっていく心や身体を柔らかくしながら、そういった場に参加し、若者にその場をひっぱっていてもらいたい。そして、その中からきっと新しい門司が生まれると思う。

 

未来の門司が楽しみですね。

Comments

comments

関連記事

  1. リズムを大事に場をつくり、参加者とハーモニーを奏でる

  2. 世界一素敵な男だらけの読書会

  3. 地球をフォトリーディング

  4. パラレルキャリアの実現に読書会は最適です

  5. 読書とは、著者というひとりの人との出会いなのです

  6. 読書はアクティブなコミュニケーションツール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 読書会ファシリテーターは単に読書会を開催するのではなくあなたの所属する環境やこれから創造…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼おすすめ記事

▼新着記事

  1. 大きな成功は、小さな一歩の積み重ね
  2. がんばらなくても、相手は何かしら受け取っている
  3. 誰よりも大変なのは…
  4. さて、引き続きつくりましょう!
  5. 【博多にて開催】リーディングファシリテーター養成講座

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る