menu
閉じる
  1. 子どもだから、子ども扱いしません
  2. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう
  3. 宴会の幹事好きですか?
  4. 学んだことは使ってナンボ!
  5. リードフォーアクション読書会と他の読書会は、どう違うんですか?
  6. ものの値段、そしてあなたの値段を知ること
  7. 隠し事はしないけど、たくさん隠れているから探してね♪
  8. 著者を意識して本を読んでいたら、本当に著者に会えた!
  9. これがあれば大丈夫!究極の1冊をプレゼントします!
  10. その本の内容を理解したいなら、読書の方法を変えてみる
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

私はシンプルイズベストだと思う

2016年11月にリードフォーアクションの
基本読書法が整備され
2017年1月~2月、受講生にむけ
フォローアップを実施するのですが、
参加できない方もいるので、
お会いできるタイミングのある
リーディングファシリテーターには
ちょっとしたエッセンスだけでもと
お伝えするようにしているのです。

15555720_1153387828043333_1397757052_n

今日は、スイーツをいただきながら
整備された基本読書法についてシェア。

 

そんな中で、
リーディングファシリテーターから
読書会がいつも45分くらい時間が
オーバーしてしまうんですという声が…

えっ1時間から2時間の読書会で
45分オーバー!?
それって、
そもそもの時間設定のミスか
コンテンツを見直す必要があるのでは?

と感じ、お話しをきいていると
読書会の参加者がシェアするお話しを
最後まで聞いていると
時間がオーバーしてしまうそうなのです。

はい。
お話しを聞いてあげるとは大切です。
そして、時間を守ることも大切です。

▼どうすればいいのでしょうね?

ファシリテーションの中には、

「介入」

というテクニックがあります。

読書会という場の流れは
参加者と一緒につくっていくものですが、
必要に応じて
ファシリテーターが流れを変える必要があります。

時間をオーバーしてしまった際も
必要に応じて、
話の流れを変える必要があります。

 

そして、45分という時間のオーバーは、
介入のテクニックを使ってだけでは
解決は難しそう。
そもそもの読書会のコンテンツを
見直す必要があります。

 

読書会開催に慣れてくると
オリジナルなやり方を導入していく
ファシリテーターは多く、
それはとても良いことなのですが、

リードフォーアクションの読書会は
参加者を短時間で
変化や成長を促す
加速学習の仕掛けが施されています。

…だから、
読書会を開催するうえで
何か課題が生じたら
初心にもどって
基本的な読書法で
見直していくことをお勧めさせていただきました。

シンプルイズベスト
だと思うから。

 

そんな読書法を学び
あなたの周りに変化や変容を促す人になりませんか?
banner-1

 

Comments

comments

関連記事

  1. 結果を出す読書会にしたいなら、〇〇〇の定義が必要です

  2. 読書会に付箋紙は欠かせませんっ!

  3. なぜ、読書会ではカラーペンや付箋紙などカラフルにするのですか?

  4. 8つの特典に、さらに2つの特典を付けました!

  5. 大切な誰かに届かなければ…

  6. ルールは守るのではなく、知ることから。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. Read For Actionの基本読書法の1つにワードジャングルというものがあります。…
  2. 福島の中学校で教職についているリーディングファシリテーターが読書会を道徳の授業に取り入れ…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る