menu
閉じる
  1. 毎日新聞に紹介していただきました!
  2. 読書会はビジネス書が多いですが、小説ではできないのですか?
  3. 読書会って本以外にも読むものがいっぱいあるのです
  4. たった1%のリーダーになるためにやるべきことは…
  5. 『本を読まない読書会』って本当ですか?
  6. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  7. まとめる前に…書いて、しゃべってみて!
  8. QK大学って何?という質問に学長が答えます!
  9. 私はシンプルイズベストだと思う
  10. 月刊ブックカフェ『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』ふりかえり
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

「リードフォーアクション読書会は他の読書会とどう違うんですか?」に答えられるか?

湘南界隈に住むリーディングファシリテーター
との集まりがあったので
整備されたリードフォーアクション読書法の
シェア&勉強会を開催しました。

 

勉強会の目的は…

読書会のコミュニティは、
リードフォーアクション以外にも
たくさんあります。

リードフォーアクション読書会は
他の読書会とどう違うんですか?

と質問された際、ちゃんと答えられるか?
を確認&共有することが1つ。

新しい読書法の中でも、
内省という部分の大切さを伝えることが1つです。

 

リードフォーアクションの魅力について
他の読書会との違いは、こちらの記事でも共有しています。

リードフォーアクション読書会の魅力を一言で表現するならば

本を読まない読書会
本が速く読める読書会
著者に質問をする読書会
などという特徴はありますが、
ファシリテーターや読書法によって
多少やり方がかわるので、
リードフォーアクションの魅力とまではいきません。

これだ!という魅力を一言で表現するとしたら
参加した人を変化、変容に促せるということなのです。

 

そして、
もう1つの目的である内省についてですが、
リーディングファシリテーターとして
はじめて前に立ったとき…
恐いと感じるのは、
場が静かになること…

場がシラけてしまった…
ファシリテーションが
上手にできてないのではないかと不安になるのです。

…けど、静かになることは
悪いことではありません。

本や対話から
さまざまな刺激を受けた参加者は
心の中で内省をはじめている可能性があります。

内省とは…自分の考えや行動などを深くかえりみること。

つまり、さまざまな刺激から、
内部対話が始まっているのです。
これは、とてもいいことです。

しかし、なかなか内省を促すことが難しい。

整備された読書法では、
内省を促すステップを盛り込んでいます。

さらに良い読書会が開催できるよう
バージョンアップです。

リーディングファシリテーターのみなさんには
1月、2月に本格的に
フォローアップ勉強会を開催していきます。

 

リーディングファシリテーター養成講座受講後も
このようにフォローアップしていきます。
読書会のファシリテーターに
興味のある方は、
チェックしてくださいね♪
banner-1

 

Comments

comments

関連記事

  1. 誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです

  2. 多重知性を活用して学習効果を高める

  3. 肯定的な未来を創造する効果とは

  4. 読書会の終わりは始まりなのです

  5. 大人が楽しめる冒険をご紹介します

  6. 本となかよくなる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2015年の春からインターネットラジオゆめのたね放送局で『ホンスキー倶楽部』という番組の…
  2. 2014年、郡山で開催されたのまちヨミに参加した 1人の女性のお話しです。その女性には、こん…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る