menu
閉じる
  1. 読書会では、時間に恋する読書をします
  2. 読書会の良さは、その本を読まないこと…
  3. 読書会はビジネス書が多いですが、小説ではできないのですか?
  4. 校長先生から教えてもらった場づくりのこと
  5. 違いを面白がれる大人になる
  6. 月刊ブックカフェ『想いを浸透させていくための伝達力』ふりかえり
  7. 読書会の時間ってどのくらいが適切ですか?
  8. [ワークシフトのステップ3]大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ
  9. 王子様の心をつかむには…?
  10. 月刊ブックカフェ『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』ふりかえり
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

「読書会」って何をしているんですか?

なんとなく読書会って気になるけど…

「いったいどんなことをしているのかしら?」
「黙々と本を読んでいるの?」
「何か本を紹介しなければいけないの?」

…なんて思っている人、多いのでは?

そして、

≪読書会≫

で検索をすると
さまざまな読書会コミュニティが
リストアップされ
それぞれの読書会の特徴があったりと
さらに悩んでしまうのでは…

今日の記事では、
私が所属する
Read For Actionの読書会が
どんなことをしているのか紹介させていただきますね。

 

1.本は事前に読んでこなくてOK!

課題本が指定されている読書会
テーマにあった本を持参して参加する読書会などが
ありますが、どちらも持参する本は未読でOKです。
事前に読んでおかなければっ!という
プレッシャーはありません。
あっもちろん、読んできてもらってもOKですよ♪

2.参加者同士の自己紹介と共に、本ともご挨拶

勉強会やセミナーなど
参加者同士で自己紹介やご挨拶などすると思います。
私たちの読書会では、本=著者と考えます。
なので、本ともご挨拶。
この本がどんな本か、著者がどんな人か
本の全体像を簡単に観察し、
著者の変わりに、参加者に
持参した本を紹介します。
このワークをするだけで
すごく本と仲良くなれた感じがしますヨ♪

3.読書会と限られた時間内で読むから欠かせないこと

読書会は1時間~2時間くらいの場です。
最初から最後まで通読していたら、
あっという間に終了時間。
だから、
本から得たいことを先に明確にします。
なぜ、この読書会を選んだのか?
なぜ、この本を手にしたのか?
を考えると、
自分の欲しいものや得たいことが見えてくるのでは…

4.欲しいものを手に入れよう!

その本から得たいことや欲しいことが
明確になったら
その答えを探すだけ…
えっ見つかるの?って思うかもしれませんが
結構、みつかっちゃうんですよね( *´艸`)

5.おしゃべりを楽しみ自分なりの行動をみつける

答えが見つかったら
お互いの答えをトリガーにして
参加者同士おしゃべりをします。
本という媒体があるからか、
建設的な対話になります。
他の人の答えも
自分のヒントになったりもするんです。
そんなおしゃべりを楽しんだら
得られたことを整理して
自分なりにできる
小さなアクションを設定します。

 

…とこんな感じです。

 

こんな流れで読書をすると
本の内容を理解すると同時に、
たった数時間の間に
視点が変わったり
新しい発見があったりします。
ちょっぴり成長した自分に気づいたりもして…。

また、
読書会で出会った人たちとの出会いも
なにかあなたの未来の一歩に
変化をもたらすものになったりして。

是非、読書会にいらしてくださいね。

 

まずは無料体験読書会に参加してみる!

読書会に参加したい!

読書会についてよくある質問をまとめています

 

 

Comments

comments

関連記事

  1. アンチョコを見たっていいのです

  2. Read For Actionには3種類の読み方があります

  3. そもそも正解って何だろう…?

  4. リードフォーアクション読書会の魅力を一言で表現するならば

  5. 読書会開催の成功のカギは『質問力』

  6. リードフォーアクションの読書会がもたらす4つの成長ステージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2014年、郡山で開催されたのまちヨミに参加した 1人の女性のお話しです。その女性には、こん…
  2. 韓国人の徐さんが読書会のファシリテーターの講座に参加してくださったのが、2016年の夏。…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 面白いことに…
  2. あけましておめでとうございます
  3. 意図的にカオスを創り出す天才
  4. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  5. 大切な誰かに届かなければ…

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る