menu
閉じる
  1. あなたの働くをシフトする活動をしてみませんか?
  2. 9つのブロックを描く前に、 4つの視点であなたを棚卸しする
  3. インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本
  4. 不完全な人ほど愛されるのです
  5. Read For Actionの読書は、実はとってもロジカルなんです
  6. 読書会では、時間に恋する読書をします
  7. QK大学って何?という質問に学長が答えます!
  8. 問題解決のための隠れコマンドがこれっ!?
  9. 『あなたの読書会は?』リーディングファシリテーターの悩みから気づいたこ…
  10. 月刊ブックカフェ『目標達成に確実に近づくための実行力』ふりかえり
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

本をきっかけに新しい働き方をデザインする

リードフォーアクションの発足のきっかけは、
2011年の東日本大震災でした。

時代の変わり目にはいつも書があった

時代の変わり目にはいつも書があったと言われています。

第二次世界大戦が終戦した
1947年には、
日本の哲学者である
西田幾多郎氏の大全集が発売されることになり
発売元である岩波書店に
3日も徹夜の行列ができたといいます。

また、明治維新には、
松下村塾や適塾など私塾が
多く開校されたことは有名ですが
そこで何をしていたかというと
時代を変える1冊の本を
塾生で回し読みをし議論をしていたそうです。

コミュニティの発展に向けた創造が始まった年

2011年。東北大震災の衝撃。
社会、経済の激変にさらされ、
日本中が今までの価値観に
不安を感じる大きな出来事がありました。

これまでの経験が適用しない
まったく新しい方法論が必要な時代に
突入したと言っても過言ではない
そんな2011年に
リードフォーアクションは発足したのです。

書を求める人が多くなるのではと感じたから…。

これからはクリエイティブを発揮する必要があるかも

読書という誰もが子供のころから体験しているものであり
誰でも知っているもの。
その読書を、
クリエイティブを発揮するためのツールとして活用する。

リードフォーアクションの読書会は
それを可能にするものだと思っています。

本をきっかけに新しい働き方をデザインしよう!

私の読書会のコンセプトは
『新しい働き方』
ジワジワと変化する社会の中で
ゆるやかに本をきっかけに
自分らしく働くヒントを
得ていただければいいなと思っています。

是非、遊びにいらしてください。

reading-club-3

 

Comments

comments

関連記事

  1. 読書会の効果を10倍にするための、静かな時間と小さなテスト

  2. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づ…

  3. 読書会にどんな本を持参すればいいでしょうか?

  4. リードフォーアクションの読書会って何!?に答えてみる

  5. まとめる前に…書いて、しゃべってみて!

  6. 読書会って本以外にも読むものがいっぱいあるのです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. Read For Actionの基本読書法の1つにワードジャングルというものがあります。…
  2. 近畿大学産業理工学部に通う大塚友貴くん。大塚君は、大学の中で仲間をあつめ読書会コミュニテ…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る