menu
閉じる
  1. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう
  2. 読書会は旅と似ています
  3. 英語力アップの鍵は、私が先というスタンスを持つこと
  4. やばっ!これは何にでも使える!
  5. 多重知性を活用して学習効果を高める
  6. 多様な価値観があるからこそ、読書が面白くなる
  7. 電子書籍でも読書会できますか?
  8. メンターの存在が必要です!
  9. 読書会の効果を10倍にするための、静かな時間と小さなテスト
  10. 家に帰ってから最初に座る場所で、人生が変わる。
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

なぜ、「あの人」には話が通じないのか?

表参道にあるブックカフェにて
読書会を開催させていただきました。

開催した読書会はこちら

そして、課題本がこれ。

なぜ、「あの人」には話が通じないのか?

会社、友人や家族関係の中に、
ありそうな感じしませんか???

参加者それぞれに悩みをもっていたのですが、

その中のIさん(女性)は、
上司とのコミュニケーションになやんていました。

話しかけても、私の目を見て答くれない。
どうコミュケーションをとっていいかわからない…。

この本から、その答えが上手く見つからず、
参加者全員で、答えをさがしてあげる
…なんてワークを実践しました。

 

そして、
答えを共有して雑談の中…

その上司が年下の女性だということがわかりました。

一同、唖然…
全員が、上司=男性
さらには、年配の方…だと思っていたのです。

===

Iさんは、上司が女性だということを
頭の中では、女性だってわかっているし、
情景としては描いているのですが、
言葉に出すという作業を削除した。

私も含め、他の参加者は、
上司とは、一般的には、
年上の男性でしょということで
勝手に年上男性と解釈をしていたのです。

===

 

日常のコミュニケーションには、
こんなことがよく起こります。

読書会という本をきっかけにした場があるから、
書籍以上に深い学びがあったりするわけです。

 

そんな体験ができる、読書会にいらっしゃいませんか?

 

なぜ、「あの人」には話が通じないのか?

Comments

comments

関連記事

  1. 私の本棚から…勝手にプレゼント(1)

  2. 一番学びがあるのはファシリテーターです

  3. 予期せぬことに遭遇したら…

  4. あなたはあなた自身を改版していますか?

  5. 4時間で7冊も本を読んでしまいました!

  6. 読書会は、人間力を向上させる!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. インドネシアで活動する鈴木亮さん。中学校教諭を6年間勤めたのち、10代からの夢だったイン…
  2. 人生に影響があった本を2冊持参してください。このフレーズに目が留まり、…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る