menu
閉じる
  1. 言葉のジャングルに落ちる…
  2. リードフォーアクションの読書会がもたらす4つの成長ステージ
  3. 成約率14%の読書会
  4. 年収3000万円以上の人と年収300万の人の読書量は38倍も違う!
  5. フォトリーディング-[STEP5]活性化
  6. 宴会の幹事好きですか?
  7. 月刊ブックカフェ『想いを浸透させていくための伝達力』ふりかえり
  8. なぜ、「あの人」には話が通じないのか?
  9. ステージがあがったなと感じた瞬間
  10. 難しい本だって、すぅ~いすいっ!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

汗だくな男子生徒と読書会…

福島の中学校で教職についている
リーディングファシリテーターが
読書会を
道徳の授業に取り入れてくださいました。

 

 

 

体育の授業の後に読書会を設定してしまったそうで、

音楽を流すなど、
読書会をするぞー!と準備万端で
子どもたちを待っていたのにもかかわらず

汗だくで戻ってくる男子生徒…

場づくりはちょっと大変だったみたいです。

 

ちょっとした物語を題材にした
読書会だったので
物語を語り始めると
生徒たちは、どんどん引き込まれていったそうです。

物語の力ってすごいですね。

汗だくの男子が
ジワジワと物語の世界へ……( *´艸`)

そして、生徒たちは、
問いをしっかりと作り、
授業時間50分の間で、
本をきっかけにそれぞれの答えが見つかりました。

 
自分の課題に向き合い
本やクラスの仲間との対話の場が
広がっていく…素敵ですね。

 

学校の先生が
この読書会を取り入れてくれてうれしいです♪

ありがとうございます。

 

今回の体験から今後は、
体育の授業の後に開催するのはやめるそうです~。
学校の先生方、ご参考に(笑)

 

私としては、いろいろ考えて
60分バージョンで読書会をつくったのですが、
↓  ↓  ↓
読書会の時間ってどのくらいが適切ですか?

学校の授業でできるように
45分~50分バージョンで
再構成をしてみたいと思います。

 

Comments

comments

関連記事

  1. アクティブラーニング型授業に読書会を!

  2. 読書会から生まれた門司の未来

  3. 読書はアクティブなコミュニケーションツール

  4. 読書会は就活にも役立つ!

  5. 読書とは、著者というひとりの人との出会いなのです

  6. 挫折を味わったからこそ、見えてきた自分の世界

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 今日は、兵庫県のリーディングファシリテーター新田茂幸(しんたしげゆき)さんを紹介します。…
  2. 本をきっかけに新しい働き方を実現している人はたくさんいます。読書会を開催するリー…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る