menu
閉じる
  1. 読書の目的には大きく2種類ある…
  2. 変化しつづける社会で生き残るために…
  3. そもそも正解って何だろう…?
  4. 読書はアクティブなコミュニケーションツール
  5. それ、どう好きなの?
  6. 肯定的な未来を創造する効果とは
  7. えっそんな短時間で変化できるの?変化を促す読書会のヒ・ミ・ツ
  8. ファシリテーターに一番必要な力は胆力なのです!
  9. 手にした本、著者はどんな人かな…と思ったら、隣にいた!
  10. 私が外に出て見つけた、私の才能
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

ステージがあがったなと感じた瞬間

私の初めての読書会の紹介をしましたが…
↓ ↓ ↓

初めてという体験を面白がれるか…が未来の扉を開けるカギ

今日は、初めての読書会の
次に起こった試練の読書会のお話しを…

284361_186449234753036_2878174_n

初めての読書会という
最初のハードルを越え、
その後は、仲間の支えもあり
順調に読書会を開催していました。

 

5~6回開催したころでしょうか…?

仲間の支えもなく
私ひとりで、読書会を企画、開催。
参加者10名、ほとんど知らない方ばかりの
読書会を開催することになりました。

知人じゃない方が申込んでくれる
というのは、
なんか一歩成長した証でもあるかも。

しかも、参加者のほとんどが
はじめまして…の方…

うれしい反面、
読書会初開催と同様なド緊張でした。

開始時間の2時間前くらいから
会場付近にスタンバって
何度も何度も進行を見直し
食事も喉にとおらず…

刻々と開始時間が近づいてくる…
あの感覚…今でも忘れられません。

 

まさに、手のひらに人を書いて
飲み込み作業をしたくなる感じでした。

 

ひとり、ふたりと参加者が
会場にいらっしゃり、
参加費もいただき…
前に立ち、ヨシ!やるしかない!
そんな感じで、
自分で自分をけしかけ、スタートです。

肝が据わるんじゃなく、
肝を据わらせる…みたいな感覚です。

この感覚も、今でも忘れられない…。

 

読書会は何度か開催しているし
進行な何度も確認しているので、
肝を据わらせたら、あとはやるだけです。

 

これが、初めての読書会の次に訪れた
読書会ファシリテーターとして
ちょっぴり成長させてもらった
読書会のエピソードです。

398011_272959602768665_35973055_n

407121_272959656101993_1124760893_n

この会も、おかげさまで
参加者の方の笑顔と受け取り力で無事終了~。

やっぱり、たくさんの方に支えられ、
一歩ずつ、階段を上がってきたんだなって思います。

 

タイトルにはステージがあがるとしましたが、
ド緊張な状態だからこそ
逃げるのではなく、
やるぞ!と覚悟を決め
それをやりきる!
このやりきるは、
上手い下手じゃなく
やるぞと覚悟があり
読書会が好きという思いと
参加者をちゃんと見る!

こういった繰り返しで
ちょっとずつつ成長できるんだと思います。

今の私に向かって、
成長を加速させてもらった読書会です。

 

banner-1

Comments

comments

関連記事

  1. あなたはあなた自身を改版していますか?

  2. 予期せぬことに遭遇したら…

  3. 読書会ファシリテーターの活動をめいっぱい応援します!

  4. QK大学って何?という質問に学長が答えます!

  5. 私はシンプルイズベストだと思う

  6. 主役じゃなく座長なんだよね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. どうやら読書会とスイーツは相性がいいらしい。2011年からスタートしたRead …
  2. 福島に誕生したすてきな場所…「コラボスペースCoCo」▶福島に子育てママの学びと遊び…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る