menu
閉じる
  1. あぁ~いつも私は雑用ばっかり…
  2. ちっちゃな参加者から学んだこと
  3. 自分にとって小さな発信でも、未来に大きな出会いが待っている
  4. 【まとめ記事】オズの魔法使いの世界で本を読んでみよう
  5. 毎日新聞に紹介していただきました!
  6. 読書会のファシリテーターになるためにはどうしたらいいのですか?
  7. 子どもと一緒に読書会へ参加することはできますか?
  8. フォトリーディング-[STEP3]フォトリーディング
  9. 仕事と人生の達人たちの仲間入りをしませんか?
  10. 誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

英語力アップのカギは洋書にあり?

言葉を学ぶとき、一番てっとり早いのは
その言葉が話されている国に行って、
学ぶことですが、
まとまった時間をとることが
難しいのも事実ですよね。

それでも、
語学力をアップしたい!!!!

という思いがある方へ、
明日から8日間にわたり
英語力アップのカギは洋書にあり!
をテーマに洋書を読むコツをお届けします。

情報を提供してくれるのは、末吉大希さん

gahag-0053466526-1

===

こんにちは、末吉大希です。
私もシステムエンジニアをしていたときに、
英語力を磨こうとしましたが、
学校に行こうと思うと、残業が入り。

単語帳を買っても、単調な言葉の繰り返し。

結局、ザセツしてしまいました・・・。

「どうしたらいつでも、
どこでも楽しく勉強できるんだろう・・・。」

そう思って、
手にとったのは英語版のハリーポッターでした。

高校のときにハマって、
徹夜して読んでいたハリーポッター。

読んでいると、
「こういう言い回しをするのか!」
「こういう単語を使うのか!」
と本の世界に入りながら、
生きた英語を学ぶことができました。

そう、いつでも、どこでも本を通じて
あなただけの英語の学校ができあがるのです。

会社終わりの通勤電車でも、
お気に入りのカフェでも、
家のソファでも。

場所、時間を選ばずに
英語を面白く学ぶことができます。

 

「洋書なんて買ったこともない」、
「数ページ読んで諦めた」
というかたもいらっしゃるかもしれません。

でも、
ノンフィクションの洋書であれば
コツをつかむだけで、
楽しく簡単に読むことができるんです!

洋書と読むコツを習得して、
洋書の世界を思う存分楽しんでもらうために、
全8回の連載で
「英語を読むコツ」を
皆さまにお届けします。

【英語を読むコツvol.01】まず始めることとは?
【英語を読むコツvol.02】洋書で一番最初に見るところとは?
【英語を読むコツvol.03】質問を作りましょう!
【英語を読むコツvol.04】読む場所を決める
【英語を読むコツvol.05】まずは一番最初を!
【英語を読むコツvol.06】終わりよければ、全てよし!?
【英語を読むコツvol.07】文章を軽快に進んでいく!
【英語を読むコツvol.08】行動すること

 

Comments

comments

関連記事

  1. アクティブラーニング型授業に読書会を!

  2. 物語というメタファーの力

  3. 学びの恩返し

  4. 読書会とスイーツは相性がいいらしい

  5. 最強のビジネスツール グループ活性化

  6. 知っているようで、実はあまり知らなかったまちのこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 福島の中学校で教職についているリーディングファシリテーターが読書会を道徳の授業に取り入れ…
  2. どうやら読書会とスイーツは相性がいいらしい。2011年からスタートしたRead …
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る