menu
閉じる
  1. フォトリーディング-[STEP2]予習
  2. 本を読むのが苦手なのですが、読書会に参加しても大丈夫でしょうか?
  3. 読書会は旅と似ています
  4. 結果を出す読書会にしたいなら、〇〇〇の定義が必要です
  5. 読書をする前に、まず〇〇をする
  6. あなたが本当に表現したいことは何ですか?
  7. 気軽に持ち運べるホワイトボード
  8. たった2時間で、250ページの本を完全読破する!
  9. 読書会の効果を10倍にするための、静かな時間と小さなテスト
  10. あと一歩踏み出す勇気があったら…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

今を生きるということに気づいたら…自然と行動をしていた

彼のニックネイムは、
マカロン王子

マカロン!?王子!?

はい、
マカロンが大好きな20代男子、
星野公昭さんです。
しかも、食べるだけじゃなく、
作ることが好きなのです。

img_207_1

彼が読書会ファシリテーターになったのは、
2014年2月に
コーチングをさせてもらったのが
きっかけなのですが…

その時に、彼が気づいたこと。
===
僕は
『10年後社会起業家になるんだ!』
と意気込んで、

手段が伴わなく、
とても悶々とした日々を過ごしていました。

その場は2時間という短い時間でしたが、
僕にとても濃厚な時間でした。


話していて感じたことは
『今を生きていない』と言うことでした。

地に足を付けずに
妄想ばかりをしていたな。。。と

こんな自分を変えて行きたい!!

そして、これだっという自分の特徴は、
マカロンが大好き!なこと
だから、
『マカロンを通してみんなと語り合える場を作りたい』

===

そして、彼は、
4月にリーディングファシリテーターとなり、
5月には、
つなげる『マカロン読書会』を開催!

その後は、
日本を飛び出し、世界を旅していて、
世界中のマカロンについて
レポートしてくれています。

星野公昭さんのブログ⇒
マカロンを囲みながら『人と人がつながる空間』を作り出す
をご覧ください。

夢があるけど、
今、何をしたらいいかわからない
…という状態から
たった3ヶ月後には、
自分で場を創る人になる。

なぜ、彼がここまで加速できたのか…?
それは、彼にしかわからないかもしれないけど…。

私はこう思うんです。

大きな夢があると、
なぜか、大きな一歩を
踏まなければいけないと思いがち。

けれども、大きな夢があるからこそ、
今、この瞬間にできる小さな一歩、
小さな行動、小さな発信をすることが大事。

あなたにはどんな夢がありますか?
そして、その夢に向かって、
今日できることは何だろう?

あなたは、
どんな一歩を踏み出しますか?

 

そして、
マカロン王子こと星野公昭さんは今、
世界を旅しながら、お仕事をしています。

 

Comments

comments

関連記事

  1. これからの未来に必要とされ続ける「場作り」

  2. 読書会は、自分をご機嫌にするツールです!

  3. 行動する読書会に参加して、行動をしたら結婚相手に出会えた

  4. これぞ読書会ファシリテーターの真骨頂!スーパー裏方職人です!

  5. 「ストレスフリーな働き方」を実現するためには…

  6. 世界一素敵な男だらけの読書会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 彼のニックネイムは、マカロン王子マカロン!?王子!?はい、マカロンが大好きな…
  2. 私は、2013年から、読書会のファシリテーターを養成するリーディングファシリテーター養成講座…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る