menu
閉じる
  1. あなたはあなた自身を改版していますか?
  2. ぜんぜん本を読まないのに本を読んだ気になっちゃう謎を解く
  3. 読書の目的には大きく2種類ある…
  4. しっかりとした自己認識がカギです
  5. 読書会に参加して『選本眼』を身につけよう!
  6. アンチョコを見たっていいのです
  7. 朝活読書会マインドマップ更新しました!
  8. 『行動派』という中国のスゴイ読書コミュニティ
  9. 読書会開催の成功のカギは『質問力』
  10. 言葉の山を登山する…そして、山頂にあるのは…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

素人の私が、街を動かす大規模イベンターとなる

2014年、郡山で開催されたの
まちヨミに参加した 1人の女性のお話しです。
その女性には、こんな熱い思いがありました。
—-
2013年10月20日郡山市で開催された
まちぐるみ読書会『まちヨミ』、
それは奇跡的な場でした。

大人も子供も、ここに集まった90人の人たちが
たった1冊の本をきっかけに1つになった。

1385068_635392626526402_601971873_n

そして、笑顔になった。

わけもわからずに感動した。

自分自身もウズウズと行動したくてたまらなくなった。

どんな行動かって…
それは、私が住む栃木県でもまちヨミをやるってこと…。

でも、どうしていいかわからない。
イベントなんてやったこともない。

だから、仲間を集めた…
みんなの脳みそを貸してほしい…

もう一度、場がひとつになる
感動を味わい、奇跡を起こしたい。

img_1896

こんな私ができるんだから、
10代、20代の若者はもちろん、
みんなにもできるでしょってことを言いたい。
気づいてもらいたい。

そして、このイベントは、私のように
参加した人が、何か行動してたくて
ウズウズしちゃうようなそんな場にしたい!

やる!それだけだ!
—-

そして、彼女はそれを実行しました!
(しかも2回もっ!)

彼女が企画した場は、
地域活性化につながるアイディアだけではなく
参加者の笑顔もいっぱいでした♪

%e5%9b%b36

%e5%9b%b34

彼女は、経営者でもありませんし、
イベント企画の専門家でもありません。
なぜ、彼女がここまでできたのでしょう…

彼女との初めての出会いは、
フォトリーディング集中講座でした。

彼女に対する応援の言葉は1つだけでした。

『フォトリーディングがあるでしょ』

そう、
フォトリーディングには
『できない』という言い訳が通用しない
のです。

なぜって、その答えはシンプルです。

新しい試みにチャレンジをしなければ、
新しい結果を出すことはできません。

そのためには、新しい姿勢で、
新しい行動をあなたができるかだけです。

フォトリーディングというスキルは、
彼女の人生を一転させてしまったのです。

フォトリーディングとは、
本を読むことが早くなるだけでなく
あなたの人生を加速することができるでしょう。

 

そんな偉業を達成したのは中村康子さん
今でも地域のための活動を継続しています。

 

あなたも読書会をきっかけに
一歩をふみだしてみませんか?

Comments

comments

関連記事

  1. 私が私を大好きな人生を生きる!

  2. 言葉のジャングルで、苦手を克服する

  3. 「ストレスフリーな働き方」を実現するためには…

  4. 遅咲きの漫画家デビュー?私の夢をスタートさせました!

  5. 韓国にも読書会の輪が広がり始めています!

  6. 学びの恩返し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 7年間薬剤師として、たくさんの薬と患者さんに囲まれて働き 『本当の健康ってなんだろう?』…
  2. ニュージーランドに活動基盤を置きニュージーランドに移住を希望する日本人を支援したり現…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 面白いことに…
  2. あけましておめでとうございます
  3. 意図的にカオスを創り出す天才
  4. 新しい働き方に必要な3つの資本とは
  5. 大切な誰かに届かなければ…

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る