menu
閉じる
  1. 新しい働き方を実現したければ、アホを極めてみる
  2. インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本
  3. サステナブルなコミュニティ創りのヒント
  4. 外にでるから違いがわかる
  5. しっかりとした自己認識がカギです
  6. ちっちゃな参加者から学んだこと
  7. 顧客に恋する共感マップ
  8. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  9. 読書会の良さは、その本を読まないこと…
  10. あなたの働くをシフトする活動をしてみませんか?
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

私、あなたみたいなタイプが苦手です。

企業の中でも読書会を導入していただくことがあります。
今日は、そんな中で起きた(珍)事件のご紹介です。
レポートはリーディングファシリテーターの斎藤恭子さん。

=====

斎藤恭子です。

ある会社にお邪魔して、
読書会をしたことがあります。

その時の驚愕エピソードを紹介します。

 

その会社では、四半期に一度、
社員を集めて勉強会を企画しているそうで、
今回は読書会にトライくださいました。

 

課題本は「ビジネスモデルYOU」。

 

同じ会社でお互い顔を知ってるとは言え、
商品企画・営業・デザイン・店頭スタッフなど、
仕事内容は異なる人たちです。

「自分の仕事を見直し、自分を知る。そして仲間のことを知る。」

そんなテーマで読書会を行いました。
その日は、
今から読書会を始めますよ〜!
という最初の段階から、
あるテーブルから不穏な空気が漂ってきました。

ある若い女性社員さん。
明らかに心を開いてくれていない感じなのです。

読書会を始めて、場を温めてみても、
彼女には効果なし。表情は硬いまま…。

そこでしばらく観察してみることに・・・。

あれ?
隣の席の社長に話し掛けられると、
眉間にシワが入るな…。

なんとなく、
椅子の位置も距離を取ろうとして、
端に寄ってる感じがする。
もしかして、彼女、社長のことが苦手?

今回のグループ分けは、
声を掛けていただいた社員さんにお願いしました。

そこのグループは、
社長と普段あまり社長と接することのない
事務職の若手社員さんで構成されており、
笑顔でユーモアを交えて
ガンガン話をする社長と
一見寡黙な感じの若手女性社員たちという構図。

ということで、
吉と出るか凶と出るか解りませんが、
私、2人をペアにして、ワークをすることにしました。

お節介なおばさん根性が出てしまったわけです。

(ファシリテーターとして、それでいいのか?は今は置いといてくださいね…。)

最初はグループ全体でシェア。
次に隣同士ペアと、順を追って、2人をペアに。
少しずつだけど、彼女も話せてきてるじゃないの?
と温かく見守っていた矢先・・・。

ペアワークでのシェアタイムで、
話し手の彼女が、社長に対し、

「私、社長みたいなタイプ苦手です。」

と言い出しました。

えええええっっっっ!!((((;゚Д゚)))))))
いきなり直球きた〜〜〜!!

一方の社長は、
「うんうん。そうだと思った」
と、それを聞いて大爆笑。

私は汗ダラダラですが、
2人は終始にこやか(?)な様子です。

参加者の本音が出てくるのは、
非常にありがたいのですが、これは今までにないパターン!
完全に予想を越えです。

まあ、これだから読書会って楽しいのですが。

さて、この後2人はどうなってしまったのか?!

 

話は、次回に続きます…。
(続)あなたみたいなタイプが苦手です。

 

=====
kyoko斎藤恭子
トヨタ自動車(株)に在籍。エンジン設計を担当。
仕事一筋に邁進する日々を送っていたが、
「この会社がなくなったら、私に何が残るのか?」との疑問を持つようになり、
1つの組織に属して仕事をするだけでなく、
社外でも活躍の場を広げる「パラレルキャリア」を実践。
イベント運営、司会、ウェディングプランナー等、全く別のキャリアを経験する。
これにより、異業種交流の魅力を知り、そこから得られた知識やスキルを本業に還元。
本業に対して新たな社会的意味や価値を見出し、相乗効果をもたらした。
結果、社内でも活躍の場を広げ、トヨタの問題解決手法や専門学習の講師役を経験。
また、子会社の立ち上げ時には3年間出向し、若手社員を育成。
子会社でエンジンの開発業務ができるレベルへと自立させた実績を持つ。
2011年8月にRead for Actionに参加。
今度は、リーディングファシリテーターというパラレルキャリアを手にし、
新たな価値観を発見する異業種交流の場として、名古屋を中心に読書会を開催。
現在では、子供と一緒に参加できる読書会を企画中。

Comments

comments

関連記事

  1. 職場のキャリアパス立案にも読書会

  2. ちっちゃな参加者から学んだこと

  3. 子供のころの好きを思い出してみる!

  4. 全社員150人で読書会をする価値とは

  5. 効率的に読書をしたいなら…仕分けが必要です!

  6. 不完全な人ほど愛されるのです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. こんにちは。斎藤恭子です。突然ですが、みなさんはご当地ヒーローってご存知ですか?…
  2. 私たちは読書会のファシリテーターとして活動していますが、そもそも、”ファシリテーター”の役目って…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る