menu
閉じる
  1. 読書をする前に、まず〇〇をする
  2. 状態が能力を決定する
  3. ターゲットをしぼれないよ…と悩んだら
  4. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  5. その本の内容を理解したいなら、読書の方法を変えてみる
  6. 会社員のうちにミニ起業体験を
  7. 〇〇を描くと予定は前倒しされます
  8. えっ本を事前に読んでこなくていいんですか???
  9. 300部以上配布した、3代目のガイドブックです
  10. フューチャーセッションとコラボをするという相乗効果
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

未来のコミュニティ創りの一歩に読書会

壮大なテーマを持って
読書会にいらっしゃる方もいます。

日本を元気にしたいシステムエンジニア
小平裕子さん

 

リーディングファシリテーターになったきっかけは、

『持続可能な社会を実現していくための
コミュニティを作りたくて、
広めるための一つのコンテンツにしたかったため。

フォトリーディングを勉強し、
読書会に実際に参加して、
自分自身が、伝える側になりたかった。』

とのこと。

そんな未来の社会に素敵な志を持って
リーディングファシリテーター養成講座
受講してくださいました。

 

受講した結果、
より自分が読書会を開催しているイメージがわいて、
これから自分が実現したいコミュニティづくりに
一歩近づいた感じがあったそうです。

こんな社会にしたいと実現したい未来が大きいと
どうしてもターゲットが曖昧になってしまうんですね。

みんなを幸せにしたいからこそ
まず、誰を幸せにするか…

一人の人を幸せにできなければ
みんなを幸せにできないんだから…

そんな、曖昧だった
どんな人に向けて、
どんな読書会を開催したいかについて、
改めて自分を見つめなおしたり、
一緒に参加していた方々から
ヒントを得たりしたことで、
毎月読書会を開催することを
講座の中で決めたそうです。

現在は、

職場の同期社員を中心に
「自分がワクワクする”働く”を見つける読書会」

リーダーシップ研修で出会った仲間たちと
「自分がワクワクするリーダーシップを見つける読書会」

を開催。

 

読書会を開催して良いことは、
参加者に新しい本の読み方・読書会で得た
気づきをフィードバックしてもらうことで、
読書会自体の可能性を大きく実感しているそうです。

また、開催するたび、
もっとこういう流れにしようと改善し
それによる参加者の反応の違いも受け、
さらにしてみたい読書会の
イメージがどんどん膨らんでいます。

26617_362862053798882_1661028627_n

小平さんは、

『持続可能な社会を実現していくための
コミュニティを作りたい

という大きなビジョンがあるからこそ
1つ1つの読書会
一人ひとりの参加者を大切にし
小さな一歩を着実に進んでいるのです。

小平さんの未来が楽しみですね。

今後は、職場外でも
読書会の開催を予定しているそうです。
小平さんの活動要チェックですね♪

このブログでも小平さんの読書会情報を
キャッチしたらお知らせしますね♪

 

記事が気に入ったら、コメントやシェアお願いいたします♪

Comments

comments

関連記事

  1. 韓国にも読書会の輪が広がり始めています!

  2. 職場のキャリアパス立案にも読書会

  3. 2分の1成人式があるならば、40歳で第2の成人式もっ!

  4. これぞ読書会ファシリテーターの真骨頂!スーパー裏方職人です!

  5. サステナブルなコミュニティ創りのヒント

  6. 読書会にヒーロー現る!その名は・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2015年11月8日(日)門司生涯学習センターにて行動する読書会in門司が開催されました…
  2. 「そろそろ呑みたいんです…」というメッセージが届くんです。それが、読書会開催のタイミングなんです…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る