menu
閉じる
  1. しっかりとした自己認識がカギです
  2. フォトリーディング-[STEP4]復習
  3. あなたはあなた自身を改版していますか?
  4. オススメです!例えばこんな「上司とのコミュニケーション」
  5. 〇〇を描くと予定は前倒しされます
  6. ターゲットをしぼれないよ…と悩んだら
  7. ちっちゃな参加者から学んだこと
  8. ハイヒールはいつ卒業する?
  9. ルールは守るのではなく、知ることから。
  10. 読書会を開催して、あなたの働き方をシフトする!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです

私は、2011年より
リードフォーアクションにて読書会を開催しています。

初期の頃に題材にしていた本がこちら。

開始した当初は、まだ翻訳されていなくて洋書でした。
トータルすると、50回以上
ビジネスモデルジェネレーションの読書会に
参加してくださった総動員数は、800人にものぼります。

私は、この本を
誰よりも読んでなくて、
誰よりも理解しているんじゃないかな…と
勝手に思っております。

読書会を始めた当初は、
ビジネスモデルと企画書の区別がつかないような
会社員でした。

 

ある日、読書会参加者が、
『起業したいんだけど、
ゼロからイチを生み出すってどうしたらいいか
わからないんです…』
なんて問いを出しました。

すると、このページが目に飛び込んできたんです。

15208989_1126943164021133_222214940_n

見開き真っ白です。
それだけで衝撃だったのですが、
右下にこんなメッセージが書いてあったんです。

Do you have the guts to start from scratch?

さらに衝撃でした!

あなたはゼロからスタートする勇気がありますか?
と書いてあったんです。

そう、その人への答えです。

新しいことをはじめるということは、
真っ白なキャンバスに
絵を描き出すようなもの。

描くか…描かないか…

上手に描くことばかり考えていたら
いつまでたってもスタートできないんですね。

 

こんな感じで
参加者の数だけその本に対しての問いがあり
答えもさまざまなページに書いてあります。

もしかしたら、
同じ問いでも、
人それぞれに背景が違うから
見つかるページが違うかもしれません。

 

そう…さまざまな視点で
参加者が読書をしてくるのです。

 

誰よりも読んでなくて
誰よりも、さまざまな視点で答えを得る読書をしてきました。

 

それが楽しくて楽しくて
読書会を開催していたら、
企画書とビジネスモデルの区別がつかなかった私が
ビジネスモデルを描けるようになっていました。

 

摩訶不思議…(笑)

 

読書会も楽しいけど、
読書会のファシリテーターをやめられないのは、

知らなかったことを参加者と一緒に学ぶことができる
共通のテーマや本で読書をするから、自然と仲間ができる
誰よりも読んでなくて、誰よりも本を理解することができる

こんな得があるからなんです。

 

記事が気に入ったら、コメントやシェアお願いいたします♪

 

▼読書会ファシリテーターになる!
banner-readinffacilitator3

Comments

comments

関連記事

  1. たった1%のリーダーになるためにやるべきことは…

  2. 足るを知る。

  3. がんばらなくていいかも…なんて感じた

  4. 資格取得を目的とした読書会を開催することは可能ですか?

  5. 私の本棚から…勝手にプレゼント(5)

  6. Read For Actionには3種類の読み方があります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2010年頃、男性が家事や育児に積極的に取り組むということでイクメンという言葉は流行りました…
  2. 今日は、この本を紹介。タイトル通り兵庫県明石市の本です。明石は、日本…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る