menu
閉じる
  1. えっそんな短時間で変化できるの?変化を促す読書会のヒ・ミ・ツ
  2. オススメです!例えばこんな「上司とのコミュニケーション」
  3. あなたはあなた自身を改版していますか?
  4. 言葉の山を登山する…そして、山頂にあるのは…
  5. フォトリーディング-[STEP2]予習
  6. ライフシフトするあなたをサポートします
  7. リードフォーアクションの魅力を語ってみよう♪
  8. 「どうしたら、売上を上げることが出来るでしょうか?」…と質問してみたら…
  9. QK大学って何?という質問に学長が答えます!
  10. 世界は情報で溢れている…だから選択する力を養う
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

予期せぬことに遭遇したら…

今日は、
リーディングファシリテーターの斎藤恭子さんからのレポートです。

====
斎藤恭子です。

予期せぬことに遭遇した時こそ、
その人なりが見えたりしますよね。

読書会で予期せぬことが起こった時、
以前の私はわたわたするだけでした。

 

こんな場面に遭遇したら…
あなたならどうしますか?

ビジネスモデルYOUの読書会にて。

グループ内で自分の気付きをシェアし、
フィードバックをしてもらっている途中に、
発表者の女性が泣き出しました。

突然の事で、何が起こったのか、
私には解りませんでした。

他のグループの人達に、
全員でフリートークをしてもらいつつ、
まずは彼女から事情を聞くことに…。

彼女は30代の主婦。
読んだ本にReadForActionの事が書いてあり、
興味を持って申し込んでくれました。

初めての読書会参加。
自己啓発の勉強会やセミナーなどで
外にでるのは滅多になかったそうです。

 

10653832_708214989227288_2314226307301186657_n

ビジネスモデルYOUでは、
キャンバスというツールを使い、
自分を棚卸しします。

あなたのリソースを生かし、
顧客にどのような価値を提供し、
関係性を作っていくのか?
それを出していくのです。

彼女のキャンバスには、
自分の家族に、
毎日当たり前にやっていることが、
いっぱい書かれていました。

彼女に泣いた理由を聞くと、

「初めて会う人達にこんなに優しい言葉を掛けてもらって…」

彼女の主婦としてのスキル。

それをグループのみんなが
「あなたのリソースだね」と認め、
彼女自身が気付いていなかった
魅力を指摘してくれたこと。

その事が日々頑張っていた
彼女の琴線に触れたのです。

そして、私はというと…。
理由が解ったものの、
泣いてる彼女にどうしてあげればいいのか解らなくて、
「そうだったんですね。」と言ったままフリーズ。

他に気の利いた言葉も出てこない。
読書会の進行ストップさせちゃってるし、
この後どうしよう…。

そんなプチパニックな私を見兼ねてか、
一緒のグループの人が
「一息つきますか?」と私を見ながら言ってくれて、
休憩を挟むことになりました。

その後、休憩中もグループの人達が、
彼女が落ち着くのを待ち、
彼女の感情に寄り添ってくれたことで、
無事に読書会を進めることができました。

この件で、私の反省点は山のようにあります。
1番は、彼女が泣くまで、
彼女の変化に気付かなかったこと。
参加者が見えてなかったのです。

ファリシテーターとしての実力不足です。

予期せぬトラブルで、それがよく見えてしまいました。

今だったら…きっと、
あの時よりは上手く振る舞えるでしょう。(笑)

思えば、この件が私を成長させたのだと思います。

ファリシテーターとして、どうあるべきか?
どうすれば、参加者に寄り添うことができるのか?

色々なことを参加者から学ばせてもらいました。
いっぱい助けてもらいました。
本当に何物にも代え難い経験です。
こうして、読書会を振り返って…
改めて、私は参加者に恵まれたなぁと思います。
この出会いに感謝の想いでいっぱいです。

一期一会。

これだから、読書会は面白いのです。

 

 

=====
kyoko斎藤恭子
トヨタ自動車(株)に在籍。エンジン設計を担当。
仕事一筋に邁進する日々を送っていたが、
「この会社がなくなったら、私に何が残るのか?」との疑問を持つようになり、
1つの組織に属して仕事をするだけでなく、
社外でも活躍の場を広げる「パラレルキャリア」を実践。
イベント運営、司会、ウェディングプランナー等、全く別のキャリアを経験する。
これにより、異業種交流の魅力を知り、そこから得られた知識やスキルを本業に還元。
本業に対して新たな社会的意味や価値を見出し、相乗効果をもたらした。
結果、社内でも活躍の場を広げ、トヨタの問題解決手法や専門学習の講師役を経験。
また、子会社の立ち上げ時には3年間出向し、若手社員を育成。
子会社でエンジンの開発業務ができるレベルへと自立させた実績を持つ。
2011年8月にRead for Actionに参加。
今度は、リーディングファシリテーターというパラレルキャリアを手にし、
新たな価値観を発見する異業種交流の場として、名古屋を中心に読書会を開催。
現在では、子供と一緒に参加できる読書会を企画中。

Comments

comments

関連記事

  1. 虎穴(こけつ)に入る

  2. 読書会って本以外にも読むものがいっぱいあるのです

  3. 計画には2種類ある…それをうまく使い分ける力をつけよう!

  4. 行動する読書会に参加して、行動したら彼女ができた!

  5. 『早』は『遅』を兼ねる

  6. がんばらなくていいかも…なんて感じた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 行動する読書会に参加して、行動したら○○できたシリーーーーーース!!!行動する読書会に参加し…
  2. 2014年、郡山で開催されたのまちヨミに参加した 1人の女性のお話しです。その女性には、こん…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る