menu
閉じる
  1. 本を読んで、空気も読む!それがファシリテーター
  2. なぜ、読書会ではカラーペンや付箋紙などカラフルにするのですか?
  3. 『次の段階へ進むための内省力』について考えてみよう♪
  4. あなたが本当に表現したいことは何ですか?
  5. 誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです
  6. 顧客視点になる難しさ
  7. シンクロニシティの先にセレンディピティがあって…そして…
  8. 初めてでも安心、超絶!!アンチョコガイドブック
  9. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づいたこ…
  10. 年収3000万円以上の人と年収300万の人の読書量は38倍も違う!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

読んだ気がしない読書vs気づきや発見多い読書…どちらを選びますか?

リードフォーアクションの読書会を開催する
リーディングファシリテーターを養成する講座では、
西田幾多郎さんの善の研究を紹介します。

 

第二次世界大戦終戦後の1947年
善の研究が発売されました。
衣食住もままならない時代にも関わらず
発売元の岩波書店には、3日も徹夜の行列ができたそうです。

私が所属するリードフォーアクションは
2011年、東日本大震災がきっかけで発足しました。
人は何かを失ったとき
衣食住に加え…書を求める…
そんな流れを感じて、発足したのです。

…なのですが…
実は私、善の研究を
読んでいなかったのです。

そこで、
リーディングファシリテーターの
仲間たちと
善の研究を読んだのです。

 

西田幾多郎さんは哲学者
善の研究はいわゆる哲学書です。

一緒に読んだみんなそろって…
「まったく頭に入ってこない」
「読んだ気がしない」
という声をあげます。
皆、読書会のファシリテーター
にもかかわらず…(笑)

 

そして、読んだ方法は
リードフォーアクションの
読書法の1つである
ワードジャングルです。

『100年後の歴史の教科書に
リードフォーアクションが残るために
今の私たちにできること』
という問いを立てました。

すると…
善の研究からひろったキーワードから、
みなの対話が始まります…

『観』←→『感』
俯瞰して客観的に観ること
自分を直接的に感じること
この2つのバランスが人にとっても、
読書会のファシリテーターにも大切で

人が変化することには、
自分の感情に気づくことが大切
その感情に気づくためには、
観ることが大事

観という字は、
人生観、仕事観、世界観
などにも使われますが、
これからAIやロボットと共存する時代となり
もしかしたら、
ロボット観なんて
感覚も必要なのかも…なんて。

つまり人ができることと
ロボットに任せることを
きちんと仕分けして、
共存できるような人になることが大切。

読書会ももしかしたら、
そんなロボットとの
共同開催ができるのではないかと…

15151028_1121772757871507_1824635068_n

総勢16名、4つのチームで読書をしたので、
善の研究から、気づいたことや発見したことが
このようなマインドマップとなりました。

自分たちの在り方まで、山ほどの気づき発見がある読書
となったのです。

 

 

つまり、

読んだ気がしない読書vs気づきや発見が多い読書

どちらも同じ読書なのでした。

 

読んだという気分は味わいたいものですが、
読んだ気がする=本を理解する
とも違うし
読んだ気がする=気づきがある
という可能性もあるわけです。

人の脳は奥深し…

自分の可能性を開きたいなら…
本の読み方を変えることもアリなのです。

 

Comments

comments

関連記事

  1. あぁ~いつも私は雑用ばっかり…

  2. 成長するためには、まず〇〇〇ことが必要です

  3. 自分の「痛み」を特定する!

  4. 資格取得を目的とした読書会を開催することは可能ですか?

  5. 全社員150人で読書会をする価値とは

  6. 読書会で10倍の効果を出す3つのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 今回紹介するリーディングファシリテーターは中川雄貴さん。関西の高校に勤務する20代の先生です。…
  2. 今日は、この本を紹介。タイトル通り兵庫県明石市の本です。明石は、日本…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る