menu
閉じる
  1. 『否定を肯定へと変換させる再解釈力』をふりかえってみよう
  2. 本をきっかけに新しい働き方をデザインする
  3. 「読書会」って何をしているんですか?
  4. オススメです!例えばこんな「上司とのコミュニケーション」
  5. インドネシアの大学生200人を魅了した1冊の本
  6. [プレゼント]朝活読書会マインドマップ&ワークシートを手に入れませんか…
  7. 【まとめ】フォトリーディングのステップ!
  8. ちっちゃな参加者から学んだこと
  9. 仕事と人生の達人たちの仲間入りをしませんか?
  10. 固定観念は破るものではなく、超える!だってそれは…
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

Read For Actionには3種類の読み方があります

私は、一般社団法人Read For Actionに所属し、
この協会の読書会ファシリテーターとして活動をしています。
Read For Actionの読書法は3種類あります。

1.ぐるぐる読書
2.アラウンドテーブル
3.ワードジャングル

の3つです。

本の全体像を確認⇒質問をつくる⇒答えを探す
大まかな流れは変わりませんが…
本を読む目的によって
リーディングファシリテーターが使い分けています。

img_1896

簡単に紹介しますね。

 

1.ぐるぐる読書
共通のテーマのもと集まった参加者が
自分の持ってきた本への質問を
他の参加者につくってもらいます。
他者の質問の答えを探す読書をします。
人の無意識は自分の都合のいいところだけを読みます。
だから、他者の質問の答えを探すということは
自分の盲点をつかれるんですね…。
視点を変えることが必要とは言ってもなかなか難しい…
だったら、他者から質問をもらうという直接的に行っちゃうんですね。

2.アラウンドテーブル
専門書やノウハウ本など、
書籍の内容をすべて理解したい!というときに、短い時間の読書会。
各章を分担して読み、共有していきます。
読み方だけでなく、
最短に理解するためのテーマ設定や質問づくり
共有方法などがキモになります。

3.ワードジャングル
共通のテーマで集まった参加者
本に対する質問の答えを
付箋紙にキーワードで書き出し
その答えを場に出していきます。
関連するキーワードが場に出されるため
対話が促進します。
本を読むよりおしゃべりの時間が重視され
枠を超えたアイディアが出やすくなります。

img_7104

fukushima2

 

しっかり本を理解したい、
本をきっかけに新しいアイディアを見つけたい
などなど…
それぞれの目的に合わせて
読む本だけでなく、読み方を変えると
効果が倍増するんですね~。

 

あなたは、どの読書法が気になります?

これらの読書法については
リーディングファシリテーター養成講座で学ぶことができます。

 

そして、大切なのは読書法を知ることと
読書会を開催することは違います。

これも、リーディングファシリテーター養成講座で学ぶことができます。

読書会を開催したい方は、是非いらしてくださいね。

Comments

comments

関連記事

  1. 環境はさまざまでも悩みを共有すると共通点がみつかる

  2. サステナブルなコミュニティ創りのヒント

  3. 読書会開催の成功のカギは『質問力』

  4. 顧客視点になる難しさ

  5. 読書会ってビジネスにしか役立たないのですか?

  6. 読書会の効果を10倍にするための、静かな時間と小さなテスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 現在、茅ケ崎を拠点に活動をしている小林美由起さん。読書会というメ…
  2. Read For Actionの基本読書法の1つにワードジャングルというものがあります。…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る