menu
閉じる
  1. 『思考と行動の枠組みを広げる拡大力』をふりかえってみよう
  2. 最上級のファシリテーターになるためには
  3. 年収3000万円以上の人と年収300万の人の読書量は38倍も違う!
  4. リードフォーアクションの読書会って何!?に答えてみる
  5. 効率的に読書をしたいなら…仕分けが必要です!
  6. 月刊ブックカフェ『想いを具現化させるための質問力』ふりかえり
  7. リーディングファシリテーターはマヌケなんです
  8. なぜ、読書会ではカラーペンや付箋紙などカラフルにするのですか?
  9. 固定観念は破るものではなく、超える!だってそれは…
  10. あなたの想いを土台にしてあなたの価値を浮かび上がらせる
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

多重知性を活用して学習効果を高める

フォトリーディングや読書会で

気づきや発見が多かったり
問題解決をしたり…

本を通読していないのに
なぜ、学習効果が高まるのか?

多重知性をご存じでしょうか?

ハーバード大学の
ハワード・ガードナー教授による

『さまざまな知性を関与させると
  学習効果が大幅に高まる。』

という理論です。

 


MI:個性を生かす多重知能の理論

 

 

人間は誰しも複数(現在は8つ)の
知能を持っていて、

人それぞれ、
その知能には長所短所があり

学習の場では、
そのすべての知能が活用できるよう
構成されるといいようです。

その8つの知性とは、

論理/数学的知性
言語的知性
視覚/空間的知性
身体/運動感覚的知性
音楽的 知性
対人的 知性
内省的知性
博物学的知性

です。

MI:個性を生かす多重知能の理論

 

■読書会でどう使われているのか?
読書会の場で
どんなふうに使っているかというと…

——

論理/数学的知性
読書会の流れや読書のステップの提示
読書会の効果など説明

言語的知性
本を読み、気づいたことを書き、
声に出して話してみること

視覚/空間的知性
付箋紙やカラーペン、
クッシュボールやおもちゃでカラフルな場

身体/運動感覚的知性
ちょっと体を動かすワークや
クッシュボールで会話のパスをしたり…
お菓子を食べながらもOKだし♪

音楽的 知性
オープニングや休憩時間など
その場に合わせた音楽を流す

対人的 知性
スピーク&リッスンを始めとした
対話をする時間を多く設ける

内省的知性
答え探しも含め
静かなひとりで考える時間をつくる

博物学的知性
目的を設定することにより
関係ないと思っていた本や
参加者との対話から
情報を紐づけることを支援する

——

という感じです。

8つの知能が活用できるよう
構成されていて、
自然と学習効果が高まる場になっているんです。

まずは、そんな体験ができる
読書会へ遊びにきてくださいね。

 

そして、
ファシリテーターになると
学習効果を高める
場づくりができるだけではなく
8つの知性が自然と向上する…カモ。

Comments

comments

関連記事

  1. 誰よりも読んでなくて、誰よりも理解しているんです

  2. まとめる前に…書いて、しゃべってみて!

  3. 大切な誰かに届かなければ…

  4. 顧客視点になる難しさ

  5. Read For Actionの読書法リニューアルです!

  6. 人は絶対的な真実を求めがちですが、多くの世界は相対的です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

世界最大級 読書サークル
一般社団法人リードフォーアクション事務局長

大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。




読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 2011年の震災後、読書会ファシリテーターの末吉大希さん他5人の仲間との間でPhot…
  2. インドネシアで活動する鈴木亮さん。ベネッセの支援をうけて、インドネシアの6カ所の教育コミ…
リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る