menu
閉じる
  1. 会社内で読書会を導入するための秘訣。
  2. 初めてという体験を面白がれるか…が未来の扉を開けるカギ
  3. あなたの想いを土台にしてあなたの価値を浮かび上がらせる
  4. しっかりとした自己認識がカギです
  5. 結論を出すことやまとめることを『保留』することができるか
  6. [ワークシフトのステップ2]孤独な競争から「協力して起こすイノベーショ…
  7. 月刊ブックカフェ『想いを具現化させるための質問力』ふりかえり
  8. 読書会のファシリテーターになるとジワジワと働き方が変化してしまう
  9. 「リピートしてほしいんです」というファシリテーターの悩みから気づいたこ…
  10. 朝活読書会マインドマッププレゼント
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

あぁ~いつも私は雑用ばっかり…

とあるプロジェクトをやっているときにメンバーのひとりから
「雑用ばっかりで、私たちはピエロですかっ!」
と言われました。

ふとね…会社員時代に、
プロジェクトを任されているマネージャーやリーダーがカッコ良く見え、
コピーや会議開催のアレンジなどを依頼される自分の仕事に対して

『あぁ~いつも私は雑用ばっかり…』

…なんて思ってたっけ…なんてことを思い出しました。

 

■そもそも雑用ってなんだろう…???
まず…私は、
読書会のファシリテーターとして
前に立たせてもらっている
ピエロだと思っているんです。

そこにいる人をいかに楽しませるか?
来てよかったわ~と思ってもらえるか?

楽しんでくれるんだったら、AKB48でも踊るわ…ほんとっ(笑)

gi01a201401290800

 

そして、ピエロであろうとも前に出るためにや準備が必要。
人前に立つのは、ほんの数時間ですが、
講座や読書会準備のため、
1日中、家に引きこもり
資料を作成、コピー、ホチキス止め、参加者へのメール

開催後は、先週の講座の受講生へのフォロー、
届いたメッセージに順番にお返事
コーチングの日程調整、場所のアレンジ、
セールスレターをコツコツと書き、
事務局的な作業を
シクシクとこなしている…

しかもです、かなり効率よく仕事を処理している自分に
かなり惚れ惚れしていたりして…これはスーパー裏方業務です(笑)

こうやって一人で仕事をしていると、
裏方もやりつつ、ステージにも立つ。
しかしステージに立ったとしても主役ではない、
主役は、セミナーやまちヨミ、読書会の参加者である。
やっぱりピエロなんです。

■在り方ひとつで変化する

雑用=裏方
縁の下の力持ち=裏方

どちらも裏方といえるかもしれません。

同じ仕事をしているのに、
ちょっとした、解釈や意味づけの違いで
モチベーションがあがったりさがったり…

どうせやるなら本気で裏方をやっていこっなんて思ったのです。

それが読書会のファシリテーター道…(笑)

Comments

comments

関連記事

  1. リーディングファシリテーターはマヌケなんです

  2. 本を読んで、空気も読む!それがファシリテーター

  3. 私はシンプルイズベストだと思う

  4. 隠し事はしないけど、たくさん隠れているから探してね♪

  5. 魔法のようなテクニックで場をつくっていく

  6. 変化する時代の中で、読書会がもたらす効果とは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 行動する読書会Read For Actionでは、読書会後にできるアクション(行動)を明確にしま…
  2. 福島の中学校で教職についているリーディングファシリテーターが読書会を道徳の授業に取り入れ…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る