menu
閉じる
  1. ダース・ベイダーから生き方を学ぶ
  2. 現実に変えていくチカラって何だろう?
  3. 小さな力が大きなパワーとなる共振現象
  4. 計画とは、守るためではなく叶うためのもの
  5. 読書会開催の成功のカギは『質問力』
  6. これからの未来に必要な 創造性の扉を開く鍵の一部を紹介します
  7. 自分にとって小さな発信でも、未来に大きな出会いが待っている
  8. 本をきっかけに新しい働き方をデザインする
  9. 9つのブロックを描く前に、 4つの視点であなたを棚卸しする
  10. 読書会に付箋紙は欠かせませんっ!
閉じる

読書会の魅力をつぶさに伝えるブログマガジン

家に帰ってから最初に座る場所で、人生が変わる。

家に帰った時、一番最初にどこに座りますか?

今日はこの本の一節をご紹介。


「手紙屋」

帰ってきて、気が抜けた瞬間に自分がとる行動。
それが、その人の最も取りやすい行動の表れなんだそうです。

私の場合、
部屋のソファーに座ります。
するとテレビのリモコンを手にし、
テレビを見てしまう…
というのが日課です。

実は、人の特性として、
一度始めた行動は、そのまま続けようとする性質
をもっているそうなのです。

つまり、私の場合、
そのままソファーに座っていられるように
テレビをつけてしまうのです。

帰ってきてすぐにとる行動の習慣は恐ろしいものですね。

つまり、家に帰ってから最初に座る場所で、自分の人生が変わる。

この本を読んだ女性が
実験をしてみたそうです。

===
今日も1日終わって、帰路につき、帰宅。

『疲れたなー。』

と思っても、もうひとふんばりで、
意識的に、デスクに座り、パソコンの電源を入れ、
仕事を仕事のメールの確認…と
まずは、”カタチだけ”でも、
仕事をしたようなフリをします。

するとですね、
メールの返信しておこうかな…、
明日の資料の確認しておこうかな…と、
仕事をし始めるのです。
===

一度その行動の”カタチ”に入ってしまえば、
人はその行動を続けようとするそうなんです。

つまり…
家に帰ってから最初に座る場所で、人生が変わる。
というワケです。

さて、あなたは、今日、
家に帰った時、一番最初にどこに座りますか?

 

お気に入りの椅子に座り、
お気に入りの本を読む習慣なんて…いかがですか?

 

記事が気に入ったら、コメントやシェアお願いいたします♪

Comments

comments

関連記事

  1. パラレルキャリアの実現に読書会は最適です

  2. 恋をすれば、知識は行動に変わる

  3. 夢を得た先にある自分を見ているか…

  4. 仕事と人生の達人たちの仲間入りをしませんか?

  5. あなたがあなたに共感する

  6. 小さな力が大きなパワーとなる共振現象

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼ブログ管理人



木村祥子(きむらさちこ)

日本最大級の読書会コミュニティRead For Action協会に所属するリーディングファシリテーター&QK大学副学長。
大手製造メーカーに勤務する傍ら、新しい働き方をテーマにした読書会を開催してきたことがきっかけで、自分らしい新しい働き方を実現。

詳しくはこちらをご覧ください。



読書会のこと、読書会ファシリテーターのこと、 気軽にお問合せください。

▼ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

▼活躍する読書会ファシリテーターを紹介

  1. 読書会ファシリテーターのテクニックはパパをカッコよくさせることができる…と私は勝手に思ってお…
  2. インドネシアで活動する鈴木亮さん。中学校教諭を6年間勤めたのち、10代からの夢だったイン…

▼読書会ファシリテーターになるためには

リーディングファシリテーターは、
一般社団法人Read For Action協会の認定資格です。

▼新着記事

  1. 古典と相性のの良い読書法とは…?
  2. あなたのやりたいことが世界のためになる
  3. 世界読書デーってご存知ですか?
  4. 面白いことに…
  5. あけましておめでとうございます

▼おすすめ記事

ページ上部へ戻る